マイクロン、176段モバイル用NAND型フラッシュの量産開始発表

半導体

マイクロン、176段モバイル用NAND型フラッシュの量産開始発表

米マイクロンが世界初の176段のモバイル用NAND型フラッシュの量産に突入した。

マイクロンは、同社のホームページを通じて、高速5G用176段の汎用NANDフラッシュUFS 3.1モバイルソリューションの量産を開始したと30日に明らかにした。

同製品は、ハイエンドのフラッグシップスマートフォン用に設計されており、以前の世代よりも75%高速の順次書き込みと70%高速のランダム読み出しが可能となり、2時間の4K映画を9.6秒でダウンロードすることができるとマイクロンは説明した。

また、総データ容量が従来の2倍となり、耐久性の向上にスマートフォン寿命の延長も可能だと付け加えた。

サムスン電子は、今年の後半に業界最小のセルサイズの7世代176段V NAND型技術が適用された消費者向けSSDを発売する予定である。SKハイニクスは、今年の年末から176段のNAND型量産に入る。
 
参考記事:米マイクロン、3〜5月の営業利益は昨年の2倍超
参考記事:マイクロンのDRAM技術追撃に韓国半導体業界が恐怖?韓国紙報じる
参考記事:SKハイニクスが176段NAND型開発発表…マイクロンに次ぎ二番目 サムスンは来年量産か


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない