CATLはナトリウムバッテリー、パナソニックは半額攻勢・・・緊張するKバッテリー

EV電池

CATLはナトリウムバッテリー、パナソニックは半額攻勢・・・緊張するKバッテリー

韓国聯合ニュースによれば、中国と日本の主要電気自動車バッテリーメーカーが相次いで低価格製品を出しており、韓国のバッテリーメーカーを脅かしているという。

業界と外信が1日に明らかにしたところによると、中国の電気自動車メーカー最大手、CATL((Contemporary Amperex Technology Co Ltd、寧徳時代新能源科技))は先月29日、独自開発した第1世代の「ナトリウムイオンバッテリー」を公開した。

従来のリチウムイオンバッテリーやリチウムリン酸鉄(LFP)バッテリーの主原料であるリチウムは、一部地域でのみ生産される金属であるため、価格が高いという短所がある。 特に、グローバルバッテリー需要が急増し、供給不足で価格がさらに上昇し、需給不安が高まっているのが現状だ。

CATLは、「ナトリウムイオンバッテリーはナトリウムを中核素材にしているため、リチウム基盤バッテリーと違って安価なのがメリットだ」と強調した。

エネルギー密度は1キロ当たり160ワット時(Wh)水準で、バッテリー80%を充電するのにかかる時間が約15分ほど早いとCATLは説明した。 氷点下20度でエネルギー密度が90%以上維持されるという点も長所に挙げた。

バッテリー業界ではナトリウムイオンバッテリーの短所は低いエネルギー密度だと指摘する。 エネルギー密度が最大500Wh/kgのリチウムイオンバッテリーと比べると、3倍以上の差がある。 エネルギー密度が低ければ、走行距離は短くならざるを得ない。

CATLは、「エネルギー密度の短所は製造工程を通じて補完する」と説明した。

また、段階的に1キロ当たり200Wh以上の次世代ナトリウムイオンバッテリーの開発を目標とし、2023年にナトリウムイオンバッテリー産業チェーンを構築する計画だとCATLは明らかにした。

電気自動車バッテリー市場で中国CATLと韓国LGエナジーソリューションに遅れをとるパナソニックも最近、「半額バッテリー」勝負にでた。

パナソニックはトヨタと共同で設立するバッテリー合弁会社「プライムプラネット·エネルギー&ソリューション」を通じて、バッテリー生産費用を来年までに半分、2025年までに最大70%まで減らすという目標を示した。

業界によると、電気自動車のバッテリーパックの製造原価は1Wh当たり100ドル(約1万972円)水準と推定されるが、パナソニックはこの価格を50ドル(約5486円)以下に下げるというのだ。

電気自動車時代が本格的に開花し、バッテリー価格競争は必然的な流れの中、CATLとパナソニックが価格攻勢のレベルを高めたのは、バッテリー市場で影響力を高める韓国を狙っているという分析が多い。

エネルギー市場調査機関のSNEリサーチによると、今年上期、グローバル電気自動車用バッテリーのエネルギー総量(114.1GWh)のうち、シェア率1位は中国CATL(29.9%)、2位はLGエナジーソリューション(24.5%)、3位はパナソニック(15.0%)だ。 4位は中国BYD(6.9%)、5位と6位は韓国のサムスンSDI[006400]とSKイノベーション[096770](各5.2%)が占めた。

首位グループの推移を見ると、日本のパナソニックのシェアは昨年より激減した反面、CATLとLGエナジーソリューションは拡大した。 サムスンSDIとSKイノベーションも安定的な成長を見せている。

CATLは、堅調な中国内需市場を基盤にしつつ安価なバッテリーまで前面に押し出し、グローバル首位固めを、パナソニックは破格的なコスト削減で反発を試みる戦略と解釈される。

すぐに市場の関心は「Kバッテリー」業界に集まる。

韓国国内企業は、韓国のリチウムイオンバッテリーは、中国のライバル社のLFPバッテリーや今回発表されたナトリウムイオンバッテリーと比べて、エネルギー密度、すなわち性能が優れていると強調する。

LGエナジーソリューションは中国LFPバッテリー拡大で市場シェアに影響があるとの懸念が出てくると、「低価格の電気車に適用される可能性はあっても、NCM(ニッケル、コバルト、マンガン)バッテリーよりも性能面では不利だ」と公に明らかにしている。

今回CATLが公開したナトリウムイオンバッテリーについても、「エネルギー密度でリチウムイオンバッテリーとあまりにも大きく違い、充電時間短縮、低温特性などはリチウムイオンバッテリーでも実現されている」とし「ナトリウムイオンバッテリー発売の影響は限定的」と述べた。

LGエナジーソリューションをはじめとする韓国企業は、三元系バッテリーで高いコバルト含量を減らす方式で価格競争力を確保し、次世代技術·製品開発で攻勢をかけている。 既存の主力製品であるNCMバッテリーの正極材にアルミニウムを追加し、コバルトは減らした「NCMAバッテリー」を今年下期から量産する計画だ。

サムスンSDIは、ニッケル含量88%以上のハイニッケル技術が適用されたジェン5(Gen.5)バッテリーを今年下期から量産する予定だ。

SKイノベーションは、ニッケルの割合を約90%まで高めたNCM9バッテリーを来年から量産する。 また、全固体バッテリーなど次世代技術の開発も活発に進められている。

業界では、グローバルバッテリー市場の競争がさらに激化するだろうという見通しが出ている。

サムスン証券[016360]のチョン·ハヌルサムスン研究員は、「ナトリウムイオンバッテリーについて綿密な比較は必要だが、次世代目標と商業生産転換を言及したのは重要な意味がある」とし、「絶えず努力する先頭企業のDNAを証明し、立場を固めるイベント」と評価した。

 
参考記事:1~6月の世界EV電池シェア、CATLが1位…韓国系3社も成長
参考記事:電池黒字化のサムスンSDI、米現地にEV電池工場を設立へ
参考記事:LGと現代、インドネシアにバッテリーセル工場を合弁設立発表


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない