サムスンNeoQLED、イギリスで「Reducing CO2認定」取得

ディスプレイ 企業

サムスンNeoQLED、イギリスで「Reducing CO2認定」取得

(画像出典:サムスン電子/Neo QLED 8KモデルとReducing CO2 認定ロゴ)

韓国ニュースメディアによると、サムスン電子は3日、ミニLEDテレビ「NeoQLED」が炭素低減努力を認められ、英国の非営利環境団体「カーボン·トラスト(Carbon Trust)」から「カーボンフットプリント-Reducing CO2認定」を受けたと発表した。

今回認証を受けたモデルは、75QN900A(Neo QLED 8K 75型)、65QN90A(Neo QLED 4K 65型)、LS34A65(ウルトラワイド QHD モニター 34型)のテレビ2種とモニター1種だ。

「カーボン·トラスト(Carbon Trust)」は、英国政府によって気候変動への対応と温室効果ガスの削減を目的に設立された認証機関で、4K以上の解像度を持つテレビがこの認証を受けたのは今回が初めてである。

カーボンフットプリント認定は、製品の生産·流通·使用·廃棄まで、製品のライフサイクル全体から発生する温室効果ガス排出量を国際基準に基づいて評価するものであり、特にReducing CO2認定に関しては、従来の同級モデルに比べてCO2排出量を削減した場合に受けられる。

サムスン電子は、△環境に優しい素材使用による廃棄時の焼却過程で発生するCO2排出量削減、△部品製造時の使用素材量の効率化、△製品使用時の消費電力最小化などにより、CO2排出量を著しく削減した。

サムスン電子は今後、Neo QLEDの全モデルやライフスタイル製品、商業用サイネージ製品にも、この認定を拡大する計画だ。

サムスン電子は今年1月に開催した「サムスンファーストルック2021」で、△エコパッケージ適用製品の拡大△太陽光パネルを搭載したエコリモコンの導入、△再生プラスチックの使用など、製品寿命の周期全般にわたる資源循環を可能にする「ゴーイング・グリーン(Going Green)」環境政策を発表した。

サムスン電子はこの政策の一環として、韓国を始めとし、に6月末から「再生EPS(Expandable Poly Styrene)」を活用したエコ梱包材を導入した。

テレビを購入した場合、リモコンやケーブル、説明書など、多くの付属品が同封され、この付属品を入れる梱包材に相当量のビニールが使用される。サムスン電子はエコ梱包材の適用を持続的に拡大し、資源の再利用を通じたビニール使用量を削減する計画だ。

サムスン電子映像ディスプレイ事業部のチェ·ヨンフン副社長は「最高の製品はもちろん、人間中心の技術革新と環境保護のために様々な力を尽くし、業界リーダーとしての責任を果たす」と述べた。

 
参考記事:サムスン電子のQDディスプレイ量産で「QLED」ブランドはどうなるか?
参考記事:サムスンがマイクロLED商用ディスプレイ「ザ・ウォール」の新製品を世界販売へ


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない