韓国政府、半導体・ワクチン等の戦略技術流出の加重処罰推進へ

EV電池 半導体 通商・特許

韓国政府、半導体・ワクチン等の戦略技術流出の加重処罰推進へ

(画像出典:韓国メディア「毎日経済」参考、翻訳)

韓国政府と与党が、半導体、ワクチン、二次電池の支援を盛り込んだ国家核心戦略産業法に、技術人材などの技術流出防止対策を盛り込むことにした。核心戦略産業内の技術の海外流出が発生した際、一般産業よりさらに厳重な措置ができるようにするという趣旨だ。税制優遇のような資金面での支援のみならず、技術人材の管理までも可能になるよう法が扱う範囲を拡大するというのが目標だという。韓国毎日経済ニュースが伝えた。

今月6日、政府関係者によると、産業通商資源部はこのような内容の国家核心戦略産業特別法の草案を政府与党と協議し、詳細な内容を調整している。今月中に草案を提出し、来月には法案を成立させる計画だ。

政府与党が準備中の半導体・バイオなど、国家核心産業の支援を推進する「国家核心戦略産業特別法」は当初、グローバル半導体需給競争を勝ち抜くための半導体特別法を作るべきだという主張から出発した。しかし具体的な議論の過程で、経済力を持つ二次電池・バイオ・未来自動車の分野で、新たな必要性が提起される可能性があり、世界貿易機関(WTO)が特定産業に対する政府支援を禁止しているため、「国家核心戦略産業法」に対象を拡大したとされる。

グローバルで技術の覇権争いにおいては、韓国の技術流出を防止することも、国家核心戦略技術の育成を間接的に支援する方式だということで意見が一致したからだ。産業部関係者は「最近、主要国の技術覇権競争と供給網の再編が加速化し、核心品目の技術生産力が持つ国家経済安保的重要性が強調されている」とし、「韓国が世界供給網のハブ国家として合流するためには、核心技術人材の創出と共に、これを守る産業安保力が必須だ」と説明した。

政府与党は、技術流出防止策を明文化するため、詳細内容を議論中だ。議論では、刑事処罰の引き上げなどの意見が示されたという。国会立法調査処側は「現行より上限を高めて明文化することで、国家核心技術の海外流出を抑制する効果が期待できる」と意見を出した。政府関係者は「新たに選定されるワクチン、バッテリー、半導体など、国家核心戦略産業法の対象を他の一般産業群と差別化し、より厳重に管理する案を用意している」と説明した。

人材流出を防止するため、主要な退職人材が韓国の教育機関に再就職する機会を拡大する方式も検討されている。先端技術産業分野で勤務後、産学協力重点分野の教授としての採用機会を拡大すれば、技術流出を防止しつつ産学研の協力を図り、産業発展にも役立って一石二鳥だという提案だ。立法調査処によると、技術流出の主体は、退職職員(57.1%)、現職職員(14.3%)、協力会社の職員(14.3%)の順であるため、このような退職職員の管理が実質的な効果を発揮するものと期待される。

技術流出防止に対する教育の強化も検討中だ。国家核心技術を保有した中小・ベンチャー企業の最高経営者(CEO)やセキュリティ担当者(CSO)を対象に、技術保護教育や関連コンサルティングを拡大する方式だ。

 
参考記事:韓国産業省長官、二次電池産業支援の特別法制定を強調…サムスンSDIなど訪問
参考記事:[特集]韓国政府が「K-半導体戦略」の進捗などを説明
参考記事:韓国政府、EUV装置など半導体設備の輸入通関手続きを簡素化 法案を議決


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない