グローバル自動車業界、電気自動車の競争力に未来がかかる

EV電池 企業

グローバル自動車業界、電気自動車の競争力に未来がかかる

(画像出典:韓国メディア「アジア経済」参考、翻訳)

今年第2四半期に共に好実績を記録した世界の自動車業界の今後の未来は電気自動車部門の競争力にかかっているという分析が出た。韓国アジア経済が伝えた。

キム・ジンウ韓国投資証券研究員は15日、「第2四半期には、ほとんどの企業がコンセンサスを上回っており、下半期も好実績を継続するものと見られる」とし「ただ、株価は未来の車の競争力に応じて変わる見込みであり、電気自動車の局地戦に注目しなければならない」と分析した。

ほとんどの企業がコンセンサスを上回る好実績を見せた中で、年間ガイダンスを上方修正するリレーも続いた。ダイムラー、日産、フォルクスワーゲン、フォードなどがコンセンサスを上回ると同時にガイダンスを上方修正した。一方、GMはコンセンサスを下回っており、トヨタ・現代起亜はコンセンサスを上回ったにもかかわらずガイダンスを凍結し、市場に失望を与えた。第2四半期が好実績であったことの共通の背景は、在庫切れと、これに伴うインセンティブ縮小、金融部門の利益増加などである。

下半期にも好実績と需要の回復が続くと同研究員は説明している。第3四半期は上半期と同様の市況であり、稼働率は依然として低く在庫は依然不足しており、インセンティブも低く維持されるという分析だ。自動車向け半導体の不足は第2四半期にピークを迎えたが、回復が遅い状況である。

完成車メーカーの収益性は高水準で推移する見込みである。キム・ジンウ研究員は「一部の市場で高まる不安とコロナ再拡散でマイナス成長が出ているが、これは変動拡大の中に現れる一時的な現象であると判断する」と述べた。需要の回復は少なくとも2023年まで、強さと速度が異なったまま継続していくと予想した。

下半期から企業間の株価が再び差別化されるとの見通しだ。キム研究員は「好実績はすでに相当部分株価に反映された」とし「今は好実績を超え再び未来の車の競争力に注目しなければならない」と述べた。

現在の自動車市場で最も重要な指標として、電気自動車のシェアが挙げられる。過去はグローバル電気自動車のシェアだけを見ていたが、現在は地域間・企業間の電気自動車発売の時期と状況が異なるため、局地戦の勝敗にも注目しなければならないという評価だ。キム研究員は「電気自動車の競争力に基づいて株価が分かれる見通し」であるとし「電気自動車プラットフォーム競争力を備えたGM、フォルクスワーゲン、起亜を世界の自動車最優良株として提示する」と述べた。

 
参考記事:電気自動車バッテリーに「オールイン」…LGに続きSKも事業分割
参考記事:ヒュンダイモービス「世界初・クラスターリースHUDを開発」発表
参考記事:中国BYD傘下のプーディー電池が上場推進へ…LFPバッテリーで多数顧客確保


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない