サムスンSDI、米バッテリー投資の拠点は「ミシガン・イリノイ」が有力か

EV電池 企業

サムスンSDI、米バッテリー投資の拠点は「ミシガン・イリノイ」が有力か

(画像出典:サムスンSDI ハンガリー工場)

サムスンSDIのバッテリーセル事業の米国進出が差し迫っている。サムスンのイ·ジェヨン副会長の経営復帰をきっかけに、投資決定が可視化されるだろうという見方だ。サムスンが、米国のバッテリー前哨基地をどこに選ぶかに関心が集まっている。韓国ニュースメディアEBN社が伝えた。

17日、外信や化学業界によると、サムスンSDIの米国内投資地域としてイリノイとミシガンが有力視されている。

サムスンSDIのソン·ミカエル専務は第2四半期の業績発表カンファレンスコールで「米国バッテリー市場の成長性と現地生産の重要性」を強調し、「米国市場のための電気車用バッテリー投資を準備中」と述べた。

同氏は、「米国はグローバル電気自動車市場の3大軸としてバイデン政府のエコ政策およびインフラ投資計画による主要自動車OEMのEV戦略も加速化している」とし、「USMCA(米国·カナダ·メキシコ貿易協定)が発効する2025年から電気自動車およびバッテリーバリューチェーンの米国内での生産が避けられない状況」と言及した。

ロイター通信によると、サムスンSDIは「第2のテスラ」と呼ばれる電気自動車ベンチャーであるリビアン(Rivian)にバッテリー分野で1兆ウォン以上、世界4位の完成車メーカーであるステランティスのバッテリー製造に3兆ウォン以上投資する案を検討している。

ディック·ダービン米連邦上院議員(民主·イリノイ州)は「イリノイ州の関係者たちが韓国(サムスン)側代表団と面談した」とし「サムスンSDIが米国イリノイ中部ノーマルにバッテリー工場を建設する案を検討中」と現地マスコミとのインタビューで明らかにした。

イリノイのノーマルにはリビアンの電気自動車生産ラインがある。リビアンは今年中に電気ピックアップトラックやSUVの量産を目標としている。リビアンは、サムスンSDIとバッテリーセル開発を協力していると明らかにしたメーカーだ。

これに先立ち、スカリンジ·リビアンCEOは4月、「サムスンSDIと電気車用バッテリーセルの開発を協力してきた」とし、「リビアンのバッテリーモジュールおよびパックと結合するサムスンバッテリーセルの性能が期待される」と述べ、サムスンSDIとの協力を公式化した。

イリノイ北東側に隣接したミシガン地域も、サムスンSDIの有力投資検討地域だ。サムスンSDIの米国内主要顧客企業であるステランティスがあり、重工業、自動車生産団地であるデトロイトを抱いているからだ。ステランティス·グループはジープ、プジョー、フィアット、クライスラーなど有名完成車ブランドを多数擁する。今年上期、サムスンSDIは、ジープハイブリッド電気自動車にバッテリーを供給したという。

サムスンSDIは現在、国内の蔚山(ウルサン)と中国西安、ハンガリーのゲッドなど3ヵ所でバッテリー生産施設を稼動しているが、米国投資を通じてグローバル立地を強化するという戦略だ。

一方、LGエナジーソリューション(LGES)は2012年、ミシガン州に独自のバッテリー工場を設立し、真っ先に米国に進出した。今年ゼネラルモーターズ(GM)と合弁会社「アルティアムセルズ」を設立し、協業を積極的に進めている。LGESは米オハイオ州とテネシー州にそれぞれ35GWh規模の合弁第1·2工場の建設を進める。2025年までに5兆ウォン(約4653億円)以上を投資し、米国だけで70GWh以上のバッテリー生産能力を備える方針だ。

SKイノベーションは今年5月、フォードと米国に電気自動車バッテリー合弁会社「ブルーオーバルエスケイ」を設立、60GWh規模で始め、2030年までに180GWhまで拡張する計画だと発表した。これとは別に、SKイノベーションは米ジョージア州に22GWhの第1·第2工場、ハンガリーに15.5GWhの第2·第3工場を建設中だ。

 
参考記事:サムスンSDI、米国に進出なるか…バッテリー工場設立を具体化
参考記事:電池黒字化のサムスンSDI、米現地にEV電池工場を設立へ
参考記事:サムスンSDI、4~6月実績が市場予想上回る。EVバッテリー事業が黒字化


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない