中核半導体不足でスマホ出荷量が減少、サムスンはシェア1位を維持できるか

スマホ 企業

中核半導体不足でスマホ出荷量が減少、サムスンはシェア1位を維持できるか

(画像出典:サムスン電子)

今年、サムスン電子の年間スマートフォン出荷量が2億8000万台を下回る見通しだ。中核部品の不足と共に、海外にあるスマートフォン工場の稼働率が低下した影響だ。デイリー韓国が伝えた。

19日、市場調査会社オムディアによると、今年、サムスン電子は2億7500万台のスマートフォンを出荷する見通しだ。これに先立ち、オムディアは上記の出荷台数を2億8500万台と見込んでいたが、最近、これを下方修正した。

業界では、今年上期から深刻化しているスマートフォン重要部品の不足の状態が、少なくとも年末まで続くだろうと予想する意見が多い。特に、中上位クラスのアプリケーションプロセッサ(AP)の需給が円滑でないのが現状だとしている。

APはモバイル機器で頭脳の役割をする中核部品だ。OPPO、VIVO、シャオミも半導体不足と工場稼働率の低下で、今年のスマートフォン生産量の目標値を少なくとも10%以上引き下げたという。

業界関係者は「来年上期になってはじめてスマートフォンに入る中核部品の不足状況がある程度解消される」とし、「これにより特にアンドロイド陣営が悪影響を受ける可能性が高い」と述べた。

サムスン電子が策定した今年の3億台以上のスマートフォン出荷目標は、達成が難しくなったものと見られる。サムスン電子は2013年から2017年にかけて、年間3億台以上のスマートフォンを出荷したが、翌年からは3億台を超えていなかった。

特に、業界では今年、サムスン電子のギャラクシーAシリーズの出荷が悪影響を受けかねないことを懸念する空気が漂う。ギャラクシーAシリーズは、サムスン電子全体のスマートフォン出荷量のうち、昨年基準で約70%の割合を占めている。

8月の予定だった「ギャラクシーS21ファンエディション(FE)」の発売日が延期された点も懸念されている。クアルコムの「スナップドラゴン888(Snapdragon 888)」の供給が円滑でないことが原因とされている。市場ではギャラクシーS21 FEが予定通り8月に発売された場合、今年600万~700万台が売れると期待されていた。

しかし、サムスンスマートフォンの出荷量基準での年間シェアの順位は少なくとも来年まで変わらない見通しだ。シャオミは今年6月、サムスン電子とアップルを抜いて世界初のウォール·スマートフォン·シェア1位になったが、一時的な現象だったと分析される。

業界関係者は「サムスンと同様に今年上期スマートフォン生産で支障を来たしたシャオミは、生産不足分を在庫を活用して攻撃的に埋める戦略を展開した」とし、「(シャオミのシェア1位は)結局一時的な現象にすぎず、来年まで年間出荷量でシャオミがサムスンを追い越すのは難しいだろう」と述べた。

 
参考記事;半導体不足、スマホ製造にも影響か サムスン出荷量2割減の見方…WSJ報じる
参考記事;サムスンDがOLEDパネル出荷量目標を上方修正か・・・韓国紙報じる
守るサムスンvs攻めるシャオミ、スマホ王座ゲームの行方は


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない