半導体の今後が不安視される中…サムスン&SKハイニックス、大規模採用に乗り出す

企業 半導体

半導体の今後が不安視される中…サムスン&SKハイニックス、大規模採用に乗り出す

(画像出典:韓国メディア「毎日経済」参考/翻訳)

サムスン電子の半導体(DS)事業部門が正社員を1年間で5600人以上増やし、「優秀人材確保戦」に乗り出したことが分かった。SKハイニックス、LXセミコン、ASMLなど国内外の半導体メーカーも下期に国内採用を本格化し、人材確保競争に乗り出した。韓国メディア「毎日経済」が伝えた。

23日、サムスン電子の上期報告書によると、上期末基準でサムスン電子DS事業部門の正社員は6万1522人だ。昨年上期末と比べ、10.1%(5644人)も増えた。

同期間、家電(CE)事業部門とモバイル(IM)事業部門の人員がそれぞれ1.8%(233人)と2.6%(711人)減少したのとは対照的だ。サムスン電子DS部門の正社員数は、2018年上期末に5万857人、2019年上期に5万3904人を経て、今年上期には会社史上初めて6万人を超えた。

最近、証券街などではメモリー半導体を中心に下期から半導体需要の増加傾向が鈍化するという展望が出ている。これとともに、半導体事業全般に対する懸念が高まっているが、サムスン電子は大規模な増設作業と人材採用を続けている。現在、サムスン電子は、京畿道平沢(キョンギド·ピョンテク)の第2工場(P2)や中国西安の第2工場への追加投資がほぼ落ち着いた状態だ。また、投資規模が40兆~50兆ウォン(約3兆7583億円~約4兆6979億円)に達するものと推定される平沢(ピョンテク)第3工場(P3)の構築作業も早ければ来年下期に完了する見通しだ。この他にもサムスン電子は、170億ドル(約20兆ウォン、約1兆8792億円)を投資して、米国に新規ファウンドリ工場を建設する計画だ。現在、工場設立候補地確定に向けた交渉を進めている。

下期もサムスン電子の半導体人材確保の流れが続く見通しだ。サムスン電子DS部門を含めたサムスングループは、来月から系列会社の大部分が参加する定期採用の形で新入社員を採用する予定だという。来月初めの願書受付を始めとし、10月に筆記試験、11月に面接などを経て、新入社員を年内に最終選抜するものとみられる。特に、サムスン電子は半導体部門で優秀な人材を確保するため、別途採用説明会も開催する。サムスン電子は25日からWEB会議プラットホーム「Zoom」を利用し、「テック&キャリアフォーラム(Tech & Career Forum)」を開催する予定だ。該当フォーラムにはチョン·ウンスンDS部門CTO(最高技術責任者)社長のほかにもメモリー·ファウンドリ·システムLSI事業部など核心となる3大事業部をはじめ、研究所、TSP総括、DITセンターなどに勤務する現職役員20人余りが「ライブセッション」に出演する計画だ。

SKハイニックスも最近、下期の新入社員採用手続きを本格化した。SKハイニックスは20日に募集要項を公開し、随時採用の形で3桁規模の新入社員を採用すると発表した。募集職務は設計、素子、研究開発(R&D)工程、量産技術、量産管理、プロダクトエンジニアリングなど20分野だ。今年上期末基準で、SKハイニックスの正社員は、前年比548人増の2万9047人に達する。

システム半導体ファブレス企業のLXセミコン(旧シリコンワークス)も、今月17日から今年下期に新卒·中途社員を随時採用した。今回の採用を通じ、研究開発職の新卒、修士·博士と中途社員など計60人規模を選抜する予定だ。LXセミコンの今年の全体採用規模は300人余りに達する見通しだ。

グローバル市場で唯一、半導体極紫外線(EUV)露光装備を製造するオランダのASMLも、国内採用を拡大している。ASMLコリアは最近、募集要項を公開し、下期に100人あまりのエンジニアを採用する計画だと明らかにした。

 
参考記事:Kバッテリー3社、ブラックホールのごとく採用拡大、1年間で2600人も
参考記事;[特集]サムスン電子が4~6月決算発表 内容詳細
参考記事:「シャオミ旋風」はサムスン電子にとって機会か脅威か…スマホでは競合だが部品事業では好材料


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない