TSMCも値上げ…サムスン、年内の半導体価格引き上げを検討中

企業 半導体

TSMCも値上げ…サムスン、年内の半導体価格引き上げを検討中

サムスン電子が年内にも半導体ファウンドリ(委託生産)価格を引き上げる見通しが強まっている。業界トップの台湾TSMCが最近、半導体価格を10~20%引き上げただけに、サムスン電子もファウンドリ価格の現状を見据えて、収益性を改善すべきだという声が出ている。

31日、電子業界によると、サムスン電子は最近、半導体の投資基盤を作るためのファウンドリ価格の引き上げを検討し始めた。ファウンドリ供給能力と収益性を改善するため、価格を引き上げるということだ。サムスン電子がすでにファブレス(半導体設計会社)に値上げを通知したという情報もある。

サムスン電子経営支援室のソ·ビョンフンIRチーム長・副社長は第2四半期の業績発表カンファレンスコールで「ピョンテク S5ラインの供給能力および投資を拡大するためのファウンドリ供給価格の現実化を加速化する」とし「価格戦略を立てることで今年のファウンドリの売上は前年比20%以上増加すると予想している」と述べた。

業界ではサムスン電子が今年第4四半期に半導体価格を引き上げると予想している。半導体需要が供給を追い越す状況で、生産量を早く増やすためには価格引き上げを通じた大規模投資が不可欠だからだ。

中国情報技術(IT)メディア「ギズモチャイナ」は「TSMCとともに業界3位のファウンドリ企業である台湾UMCが9月と11月、来年初めにファウンドリ価格を引き上げるとみられる」とし、「サムスン電子も莫大なファウンドリー投資が必要なだけに年内に価格を引き上げる可能性が高い」と述べた。

引き上げ幅はTSMCやUMCなど他のファウンドリ企業と似たような10~20%水準であると予想される。業界関係者は「ファウンドリ企業を中心に、供給不足を契機に半導体の適正価格を示さなければならないという雰囲気が形成されたようだ」とし、「生産量を増やして需要に対応するためにも価格引き上げが必ず必要だ」と述べた。

専門家らは、サムスン電子が半導体価格を早く引き上げ、収益性と成長性を同時に改善できるものと評価している。値上げで高めた収益性を先端工程の設備に投資する好循環構造が完成すれば、事業競争力も一緒に上げることができるという。

サムスン電子はすでに、米ファウンドリ工場の増設に向け、170億ドル(約20兆ウォン、約1兆8753億円)を投資すると明らかにした。ファウンドリの値上げが工場増設にすぐにはつながらないが、今後、追加投資のためには値上げを通じた財源調達は欠かせない。

漢陽(ハンヤン)大学融合電子工学部のパク·ジェグン教授(韓国半導体ディスプレイ技術学会長)は「TSMCが半導体価格を引き上げることを宣言し、サムスン電子を含む追撃者にも価格引き上げの余力がついた」とし「価格を引き上げ、収益性と成長性を高めていくべきだ」と述べた。chosunBizが伝えた。

参考記事:iPhone価格は上昇か…TSMCが半導体価格を20%引き上げ
参考記事:「供給価格の現実化」…サムスン電子、半導体需給不均衡にファウンドリ価格引き上げへ
参考記事:韓国内ファウンドリ各社が10~20%値上げ…8インチ不足深刻か


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない