次世代スマホ戦争本格化…サムスン・LGがディスプレイ「増設競争」

スマホ ディスプレイ 企業

次世代スマホ戦争本格化…サムスン・LGがディスプレイ「増設競争」

次世代スマートフォンの主導権を巡って、サムスン電子とアップルの競争が本格化する中、ディスプレイ業界も増設計画を掲げて加勢に乗り出したことを韓国newspimが報じている。

Galaxy Z Flip3やZ Fold3など3世代フォルダブルスマートフォンの勢いが急上昇しているサムスンは、ベトナムの生産ラインの増設を検討中だ。

LGディスプレイは、iPhone13の発売を前に、坡州(パジュ)に3兆3000億ウォン(約3127億円)規模の増設計画を打ち出した。iPhone13を始め、OLEDの搭載が予想されるiPadなどに使われる物量に合わせるための投資だ。

今月3日、業界によると、サムスンディスプレイとLG電子の両社はベトナム工場の増設を検討している。

サムスンディスプレイは、ベトナムのバクニンに位置するフォルダブルスマートフォンの生産ラインの増設を検討中だ。現在、年1700万台水準の生産量を、年2500万台まで増やすことにした。先月発売したGalaxy Z Flip3とZ Fold3が、韓国内ではもちろん、海外でも高い人気を得たためだ。

Flip3とFold3は韓国内の事前予約だけで、現在までに92万台が売れたという。これはGalaxy S21の事前予約より1.8倍多い数値だ。アメリカでは事前予約件数が今年1~7月の2世代フォルダブルスマートフォンの販売量を超え、中国でも事前予約で100万台が売れた。

サムスン電子は今回のFold3の人気をもとに、フォルダブルスマートフォンをスマートフォン市場の「流行」として地位を固める戦略を掲げている。

アップルは具体的なフォルダブルスマートフォンの販売計画を明かしてはいないが、iPhone新製品の「iPhone13」を早ければ今月中に発売する予定だ。特にiPhoneに使われるOLEDを供給するためには、サムスンとLGディスプレイは両社ともに増設が必須という見通しだ。

イーベスト投資証券のナム・デジョン研究院は「今年第3四半期からアップルの新規iPhoneに、LTPO(低温多結晶酸化物)OLED技術が採用されると予想される」とし「現在LTPO OLEDの生産量は年間6400万台で、アップルの年間販売量である2億台水準に及ばないため、サムスンディスプレイとLGディスプレイは第2四半期以降、LTPO OLED増設についての意思決定をする必要がある」と述べた。

LGディスプレイ パジュクラスターの全景(写真:LG
LGディスプレイ)

特に最近、LGディスプレイの攻撃的な投資を見ても、アップルに対する期待値の高さがうかがえる。ロイターなどの外信は、最近ベトナムハイフォン市が、LGディスプレイの投資とOLED設備の増設計画を承認したと報じた。

LGディスプレイが今回決定した投資金額は14億ドル(約1兆6000億ウォン、約1537億円)で、これまでこの地域に投資した累積金額は46億5000万ドル(約5兆4000億ウォン、約5107億円)に及ぶ。LGディスプレイは今年2月に7億5000万ドル(約8700億ウォン、約824億円)規模のライン増設を行った。

ロイターは、今回の追加投資により、OLEDスクリーンを月1400万枚生産できると期待している。現在、この工場で生産されるOLEDモジュールは月900万~1000万台水準だ。LGディスプレイのハイフォン工場は、韓国・中国などで生産したOLEDパネルに各種部品を取り付け、テレビ・ノートパソコン用モジュールを製作する工場だ。

業界では、LGディスプレイの今回の増設をスマートフォンやタブレットPCなど情報通信(IT)製品に使われる中小型OLED事業を強化するための側面として見ている。

LGディスプレイはこれに先立ち先月13日、坡州事業所に3兆3000億ウォンを投資し、中小型OLED施設を増設することにした。2024年から稼働予定で、今回の投資が完了すれば坡州事業所の中小型OLEDの生産量は月6万枚水準に増える。

LGディスプレイは「様々な事情により」今回の投資に対する製品や供給先などの具体的な事業内容は公開しなかった。ベトナムハイフォンの投資も同様だ。LGディスプレイは「顧客と関連した内容は具体的に明かすことはできない」と伝えたという。

参考記事:LGD、パジュに中小型OLEDライン新設、3兆ウォン以上(約2791億円)投資
参考記事:「Appleをつかめ」、サムスン・LG、IT向けOLEDを先取りするための戦い
参考記事:LGディスプレイ、Appleを狙った「中小型OLED」に注力…積極投資でポートフォリオ多角化を図る


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない