サムスン電子、2025年までに5億7600万画素イメージセンサーを開発

イメージセンサー 企業 半導体

サムスン電子、2025年までに5億7600万画素イメージセンサーを開発

サムスンは2019年、世界で初めて1億800万画素のモバイルカメラセンサーを発売した。先週、世界初の2億画素モバイルカメラセンサー「ISOCELL HP1」を披露した。しかし、サムスンの歩みは止まらず、さらに早まっている。サムスンは6億画素のカメラセンサーを開発する計画だと、Gizchinaが8日(現地時間)報じた。

サムスン電子のイ·ヘチャン首席副社長は、半導体装備や材料協会(SEMI)欧州会議の演説で、興味深いスライドを大衆に見せた。スライドには2000年以降のカメラセンサーのピクセルの大きさおよび解像度の推移に関する概要が記されている。また、サムスンは2025年までに5億7600万画素のカメラセンサーを発売する計画であることを明確にした。ただ、このセンサーはスマートフォンではなく、自動車部門で使うことができるという。

これに先立ちサムスンのホームページでは、人間の目の解像度が約5億画素だと触れており、カメラセンサーが人間のレベルを超えることを希望している。5億7600万画素センサーでこの宿題を解決できることとなる。

しかし、これが必ずしもスマートフォンでだけ使用できるとは限らない。逆に、このセンサーは無人自律走行自動車、ドローン、医療装備により多く使われる可能性がある。特に自律走行自動車は、高解像度センサーを通じて入ってくるイメージや動画を処理するために、超強力なチップが必要だ。

サムスンの5000万画素「ISOCELL GN2」センサーは画素の大きさが2.8μm(マイクロメートル)と大きく、デュアルピクセルオートフォーカス、HDR処理能力が優れており、4K 120fpsと8K 30fpsの動画録画、静音などでスマートフォン用に適している。「Galaxy S22」と「Galaxy S22+」は、この5000万画素センサーを使用する。

後者は「知能型リモザイクアルゴリズム」を使って色ピクセルを再び配列する方式で1億画素の写真を撮ることができる。1億画素の写真には緑色、青色、赤色(RGB)の5000万画素のレイヤーが3つある。特殊アルゴリズムによりセンサーは画像を重ねたり、上方修正·併合したりして高解像度の写真を生成する。

また、これはサムスンがデュアルピクセルプロを使った最初のセンサーだ。後者は同社の最も進歩したPDAFソリューションだ。赤、緑、青のピクセルをすべて縦に分割する代わりに、緑色のピクセルは対角線に分割される。上段と下段は、左側と右側だけでなく、段階的な差を読み取ることができる。特に照度の低い環境や速く動く物体のような難しい条件では、自動フォーカスがより早く正確になる。

(本記事は、韓国メディアのグローバルエコノミックの記事を翻訳・編集したものです。)

参考記事:サムスン、イメージセンサ1位ソニーに対し「2億画素」の壁を越え追撃
参考記事:サムスン電子、自動車のイメージセンサー「アイソセルオート4AC」を発売
参考記事:サムスンのイメージセンサ事業長「6億画素に挑戦」


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない