現代自·LG同盟が結実…インドネシアにバッテリーセル合弁工場を着工

EV・バッテリー 企業

現代自·LG同盟が結実…インドネシアにバッテリーセル合弁工場を着工

現代(ヒュンダイ)自動車グループとLGエナジーソリューションは、ASEAN電気自動車市場への攻略やグローバル市場での主導権確保に向け、バッテリーセル合弁工場の建設を本格化させた。

BizFACTによると、現代自動車グループとLGエナジーソリューションは15日、インドネシア·カラワン地域の新産業団地内の合弁工場の敷地で、バッテリーセル工場の起工式を行ったことを明らかにした。起工式は新型コロナウイルス感染症(コロナ19)状況を考慮し、現地のイベント会場と現代自グループ、LGエナジーソリューションの双方を画像で連結したオン·オフラインの二元化方式で行われた。

インドネシア側からは、ジョコ·ウィドド大統領をはじめ、ルフット·パンザイタン海洋投資調整部長官、バハリラハダリア投資部長官など、政府の主要関係者らが出席した。韓国からは、現代車グループのチョン·ウィソン会長、LGエナジーソリューションのキム·ジョンヒョン社長、現代モービスのチョ·ソンファン社長など両社の経営陣が、オンライン画像連結を通じて出席した。

起工式は、チョン·ウィソン会長とキム·ジョンヒョン社長の歓迎のあいさつ、ジョコ·ウィドド大統領およびバハリラハダリア長官の祝辞などで行われた。さらに、インドネシア現地の会場の主要出席者らが着工ボタンを同時に押し、合弁工場建設の本格的なスタートを知らせた。

チョン·ウィソン会長は歓迎の挨拶で「現代車グループは未来の競争力確保の核心である電気車分野でグローバルリーダーになるためにグループの力量を集中している」とし「こうした努力の一環としてグローバル電気車バッテリー先進企業のLGエナジーソリューションとインドネシアにバッテリーセル合弁工場を設立することにした」と述べた。
また「この日の起工式はインドネシア·現代車グループ·LGグループすべてにとって未来の産業競争力を確保し、持続可能な成長を図る非常に意味のある場」と付け加えた。

続いて「バッテリーセル合弁工場を皮切りに、前方·後方産業の発展を通じてインドネシアに電気車生態系が成功的に構築される」とし「さらにインドネシアがASEAN電気車市場の核心役割を担うことを期待する」と強調した。

キム·ジョンヒョン社長は「バッテリー産業の未来を切り開くインドネシア初の次世代バッテリーセル工場が第一歩を踏み出した意味のある日」とし「今回の合弁工場設立で、世界初の電気車統合サプライチェーン構築にさらに一歩近づいた」と述べた。

続いて「最高のバッテリーセル合弁工場が建設できるよう最善を尽くし、グローバル電気車市場を攻略するための核心基地として積極的に育成する」と明らかにした。

この日着工した現代自動車グループとLGエナジーソリューションのバッテリーセル合弁工場は、2023年上半期の完工を目標に計33万平方メートルの敷地に建設される。2024年上半期中にバッテリーセルの量産を始める予定だ。

これを通じ、合弁工場では電気自動車のバッテリー15万台分以上に達する年間10ギガワット時(GWh)規模のバッテリーセルを生産することができる。また今後、電気自動車市場の拡大を考慮し、生産能力を30ギガワット時(GWh)まで増やせるよう準備する。

合弁工場で生産されるバッテリーセルは、LGエナジーソリューションのバッテリー新技術を適用し、高含量のニッケル(N)とコバルト(C)、マンガン(M)に出力を高め、化学的不安定性を低めるアルミニウム(A)を追加した高性能NCMAリチウムイオンバッテリーセルだ。

現代車グループは、長期間蓄積した完成車やさまざまな部品の量産能力を基に、生産効率性を高め、全体バッテリーシステム全体や完成車まで連携できる統合的な品質管理を通じ、最高レベルの性能や安全性を備えた電気自動車「バッテリーセル」の生産に力を入れる。

合弁工場のバッテリーセルは、2024年から生産される現代と起亜のE-GMPが適用された専用電気自動車をはじめ、今後開発される多様な電気車に搭載される予定だ。

これに先立ち、現代車グループとLGエナジーソリューションは今年上半期、それぞれ50%ずつ持分を保有する方式でバッテリーセル合弁工場の設立契約を締結した後、7月インドネシア政府との協約を通じて約11億ドル(約1兆1700億ウォン、約1202億円規模)を投資することにし、8月には合弁法人の設立を完了した。

現代車グループとLGエナジーソリューションは、インドネシアのバッテリーセル合弁工場を通じ、爆発的に増えるグローバル電気車の需要に積極的に対応できるものと期待している。さらに、インドネシアをはじめASEAN電気自動車市場でも主導権の確保が可能と見込んでいる。

参考記事:LGと現代、インドネシアにバッテリーセル工場を合弁設立発表
参考記事:韓国現代自動車のEV火災事故、リコールで数兆ウォン損失も
参考記事:GMが建設する追加バッテリー工場 再びLGと合弁か


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない