ポスコケミカル、EVバッテリー素材の正極材に続き負極材への攻撃投資も

EV・バッテリー 企業

ポスコケミカル、EVバッテリー素材の正極材に続き負極材への攻撃投資も

ポスコケミカルが負極材原料の黒鉛を安定的に確保するなど、原料採掘から中間原料、素材生産に至る負極材事業の全部門にわたるバリューチェーン構築に拍車をかけていると韓国毎日経済が報じた。負極材は、電気自動車(EV)向けバッテリーの4大中核素材(正極材、負極材、電解液、分離膜=セパレータ)のうち、韓国内の産業基盤が脆弱な素材とされている。

業界が26日に明らかにしたところによると、韓国内で唯一の正·負極材を同時生産するポスコケミカルが、負極材の原料から素材までバリューチェーン構築に拍車をかけている。最近、中国の球形黒鉛原料会社である青島重石の持分13%を買収することを発表したのが代表的だ。球形黒鉛は負極材の中間原料で、黒鉛鉱石の不純物を取り除き、丸い粒子の形に加工してエネルギー容量や寿命性能を高める役割をする。

韓国内バッテリー3社とはもちろん、米国のアルティアムセルズなどを顧客会社として確保しているポスコケミカルが急増する受注に対応するため、中国内最大の黒鉛加工会社とパートナーシップを結んで安定的な黒鉛原料確保に乗り出したのだ。

ポスコケミカルは今年8月、負極材コーティングに必要なピッチの国産化に向けた投資にも乗り出した。ピッチは、石油を蒸留して製造する炭素素材であり、子会社のピーアンドオケミカルが年間1万5000トンを生産する計画だ。これは従来のコーティングに使われた原料に比べ性能を大幅に高めた製品で、グローバル二次電池素材社の販売も推進する計画だ。業界は2030年までにピッチ需要が約27万トンに達すると予想している。

これに先立ってポスコは1月、タンザニアのマヘンジ黒鉛鉱山を保有しているブラックロックマイニングの持ち株買収も発表している。

このような投資は、ポスコケミカルの黒鉛鉱圏、中間原料、素材生産に至る負極材事業バリューチェーン全体を完成させ、事業競争力を大幅に高めたという評価だ。

ポスコケミカルが負極材の原料投資に積極的に乗り出すのは、国内唯一の黒鉛負極材会社として、事業の生態系を直接構築する必要性が切に求められているためと分析される。リチウムイオン電池専門市場調査機関のベンチマークミネラルインテリジェンス(BMI)の最近の発表によると、世界には105社の負極材企業がある。中国82社、日本10社、米国6社などで、韓国にはポスコケミカルが唯一だ。2010年、天然黒鉛負極材事業に進出したポスコケミカルは、10年ぶりに国産化という成果を超え、2020年はグローバルシェア11%、世界4位を記録した。

ポスコケミカルは今後、天然黒鉛負極材に続き、電気自動車のバッテリーに主に活用される低膨張負極材、人造黒鉛負極材、シリコン負極材などとポートフォリオを多角化するという計画だ。

ポスコケミカルが国産化を推進する人工黒鉛負極材もすでに原料確保を終えた状態だ。人造黒鉛負極材の原料はポスコケミカルの子会社であるPMCテックで生産する針状コークスを活用する。

参考記事:ポスコケミカル、正極材事業の成長本格化で四半期最大の経営実績を達成
参考記事:ポスコケミカル、正極材事業の成長本格化で四半期最大の経営実績を達成
参考記事:正極材大手エルアンドエフが大型有償増資 474億円規模


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない