SKイノベ、「2023年までにグローバル・研究開発人材を2倍拡大」へ

EV・バッテリー 企業

SKイノベ、「2023年までにグローバル・研究開発人材を2倍拡大」へ

SKイノベーションのキム・ジュン総括社長は「2023年までにSKイノベーションの研究開発人材を現在の2倍に拡大するなど、内部での研究開発の力量を強化する」と明らかにしたことを、韓国マネートゥデイが報じている。

キム総括社長は今月2日(現地時間)、米サンフランシスコで開催したグローバルフォーラムでこのように明らかにした。グローバルフォーラムは、SKイノベーションが米国にある優秀な大学および研究機関とのネットワークを強化し、グローバルな優秀人材を発掘するために設けた席だ。

キム総括社長は、バッテリーや環境に優しい素材のようなESG(環境・社会・支配構造)基盤の新産業競争力を育成する核心的な人材を自ら確保するため、米国現地でグローバルフォーラムを主催した。

キム総括長は「SKイノベーションが“炭素からグリーン(Carbon to Green)”への革新を実現するためには、バッテリーや環境に優しい素材など、新成長動力となる事業分野での技術力量の確保が重要だ」とし「このため、優れた人材を確保することが最も重要だ」と強調した。

続けて「SKイノベーションは、技術力量の内在化や研究開発インフラの拡充、外部とのオープンイノベーション推進を通じて、“炭素からグリーン”戦略のスピードと成功可能性をさらに高める」と付け加えた。

グローバルフォーラムはこれまでSKグループレベルで運営されてきたが、今年初めてSKイノベーションがイベントを主管した。SKイノベーションは、今年のイベントを皮切りに、定期的にグローバルフォーラムイベントを準備する計画だ。

今年のグローバルフォーラムには、米国12大学および研究所から招待された修士・博士や環境に優しい素材・バッテリー事業分野のグローバル企業在職者など、核心的な人材とSKイノベーションのキム・ジュン総括社長、SKオンのチ・ドンソプ代表、SKイノベーションのイ・ソンジュン環境科学技術院長、SKイノベーションのイ・ジャンウォンバッテリー研究院長などの経営陣が出席した。

SKオンのチ・ドンソプ代表は10月1日、バッテリーの独自経営を始めた後、初めての試みとして、自らグローバル核心的人材の迎え入れに乗り出した。チ代表は「専門人材の確保に基づいたバッテリー事業の“ディープチェンジ”を通じ、グローバルトップティアバッテリー企業になる」と述べた。

イ・ソンジュン環境科学技術院長は「SKイノベーションの環境科学技術院は、炭素事業でグリーン産業からの転換に拍車をかけるため、環境にやさしい未来産業の研究開発および差別的な技術ソリューションの確保に力を注ぐ」と語った。

イ・ジャンウォンバッテリー研究院長は、SKイノベーションが20年以上積み重ねてきた差別的なバッテリー技術力を紹介した。イ院長は「バッテリーリサイクル(BMR)事業など、SKオンの新規事業のための技術力確保に拍車をかける」とし「そのため、優秀な人材確保は必要ではなく、必須的な要素だ」と述べた。

参考記事:Kバッテリー3社、ブラックホールのごとく採用拡大、1年間で2600人も
参考記事:ラミネート型だけのSKイノベーション、「角型にESSまで」バッテリー事業拡大へ
参考記事:「一つだけでダメだ」Kバッテリー、EV電池の多様化に向け開発に拍車


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない