韓国副首相が米財務省長官と面談…半導体企業の情報提供懸念伝える

半導体 通商・特許

韓国副首相が米財務省長官と面談…半導体企業の情報提供懸念伝える

ホンナムギ副首相兼企画財政部長官が3ヶ月ぶりにイエレン米財務長官を再見した。会議の場でホン副首相は、米政府による半導体企業情報の提供要求に対する韓国企業の懸念を伝えた。韓国メディアnewspimが報じた。

韓国企画財政部によると、ホン副首相は14日、米国財務省のイエレン長官と2者面談を行った。今回の議論は、7月の第3次財務相・中央銀行総裁会議当時面談後、3ヶ月ぶりに行われた。

両者は、▲気候変動への対応 ▲パンデミック対応 ▲低所得国支援 ▲デジタル税 ▲グローバルサプライチェーン及び対イラン政策 などの主要懸案と両国間の協力方案について幅広い意見を交わした。

まず両者は、脆弱国家支援のための低所得国の貧困削減基金(PRGT)規模の拡大、国際通貨基金内に新設が議論されている回復・持続可能性基金(RST)などに積極的に参加することにした。

イエレン長官は先週発表された国際租税改革案(デジタル税)について合意導出のための韓国側の協力に感謝の意を表し、今後のフォローアップのための実務議論時、緊密に協力しようと肯定的に回答した。

ホン副首相は最近、米政府の半導体企業を対象とした情報提供要求に対して、韓国企業の懸念事項を伝えた。続いて、過去韓米首脳会談を通じて構築された両国間のグローバルサプライチェーンの協力チャネルなどを通じ、緊密に協力していくことを呼びかけた。

また双方は、韓国内のイラン原油資金問題を解決するために継続的に協力することにした。

両者の議論に先立ち、14日午前ホン副首相は、国際通貨金融委員会(IMFC)に韓国理事室所属国を代表して参加した。 IMF韓国理事室は韓国・オーストラリア・ニュージーランド、モンゴルなど15カ国で構成されている。

今回の会議では、各代表者は、▲平等なワクチンの供給のための国際協力 ▲持続可能な中期財政運用計画策定 ▲パンデミック対応・構造転換のためのIMFの監視活動の強化 ▲PRGT拡充とRSTの新設などを合意した。

会議の場でホン副首相は、「低所得国に十分なかつタイムリーなサポートが必要であり、構造改革能力の強化も支援しなければならない」とし「PRGT財源の拡充を歓迎し、RST新設を支持する」と述べた。

企画財政部の関係者は、「今回の総会でPRGTローン財源約6億4000万ドル供与及び、RSTの参加意思を明らかにした」とし「今後も国際社会で韓国の役割拡大と世界経済の回復のために国際協調などを継続する計画である」と述べたという。

参考記事:米国の半導体資料要求、拒否は公共調達への参加が制限される可能性も
参考記事:「極秘資料を除いて提出」…K半導体と韓政府が米政府との合意模索
参考記事:米国からの半導体資料要求に…TSMCなど台湾企業および政府は強く反発


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない