GalaxyS21FEは発売の見通しも…発売時期はフォルダブルフォン次第か

スマホ 企業

GalaxyS21FEは発売の見通しも…発売時期はフォルダブルフォン次第か

韓国メディア「BusinessPost」は17日付の記事で、サムスン電子のGalaxyS21ファンエディション(FE)について、発売があり得ることを報じた。

GalaxyS21ファンエディションは、これまで公開日程が見送られ、発売しない可能性が高いと思われていたスマートフォンだ。このスマートフォンが発売されれば、今年の残り期間や来年初頭のサムスン電子のスマートフォン事業戦略が明確になる見通しだ。

17日、グローバル主要ITメディア各社によると、サムスン電子がまだ公開していないスマートフォン「GalaxyS21」のファンエディションを、結局発売する可能性が高そうだ。

サムスン電子IT機器専門メディアのサムモバイルは「サムスン電子が20日のGalaxyアンパックイベントでGalaxyS21ファンエディションを公開し、すぐに予約販売も始めるものとみられる」と報じた。

サムスン電子は20日、「Galaxyアンパックパート2」イベントを開く。

イベントの内容は公開されなかったが、電子業界ではイベント名に「パート2」が付いている点を挙げ、サムスン電子が今年8月にフォルダブルスマートフォン新製品の「GalaxyZFold3」と「GalaxyZFlip3」を公開したGalaxyアンパックイベントの後続イベントだという見方が多い。

当時、サムスン電子がGalaxyS21ファンエディションも一緒に公開するだろうという予想が多かったが、GalaxyS21ファンエディションは公開されなかった。その後、GalaxyS21のファンエディションは、公開日程が徐々に遅れ、結局、発売されない可能性まで持ち上がっている。

別のITメディア「GSMアリーナ」は「GalaxyS21ファンエディションは20日のイベントのスターにならないだろう」とし「様々な情報を総合すると、サムスン電子は12月になってようやくGalaxyS21ファンエディションの量産を始めるものとみられるが、2カ月間生産計画のないスマートフォンを公開することはできない」と報道した。

同メディアは、サムスン電子がGalaxyS21ファンエディションを2022年1月に発売するだろうと見込んだ。メディアごとに発売時期の予想に違いはあるものの、発売そのものは行われるだろうと見ているわけだ。

韓国内の電子業界では、サムスン電子がGalaxyS21ファンエディションを、来年1月に発売するだろうという見方が多い。

電子業界関係者は「まだサムスン電子のフォルダブルスマートフォンの新製品のヒットが続いている」とし「サムスン電子としてはGalaxyS21ファンエディションの発売時期を早く決めるよりフォルダブルスマートフォンのヒット効果を十分享受した後に延ばす方が良いかも」と述べた。

今年サムスン電子は「下半期フラッグシップ」と呼ばれたGalaxy Noteシリーズを出さない代わりに「GalaxyZFold3」と「GalaxyZFlip3」のフォルダブルスマートフォン2種を発売した。

サムスン電子のフォルダブル·スマートフォン2種はこれに先立って4日付で、国内合算販売量が100万台を越えるなど、大ヒットしている。これは正式発売から39日後のことで、サムスン電子のスマートフォンのうち、Galaxy Note10やGalaxyS8に続き、史上3番目の早い記録だ。

Galaxyファンエディションシリーズはサムスン電子がGalaxy Sシリーズのデザインと核心機能を維持したまま付加仕様を下げて大きさを縮小して発売する「準プレミアム」級スマートフォンだ。

サムスン電子としては、Galaxy Noteシリーズの需要をフォルダブルスマートフォンで最大限吸収しなければならない状況で、強いて準プレミアム級スマートフォンの発売時期を早く決め、自己蚕食(カニバリゼーション、cannibalization)の可能性を甘受しなければならない理由がない。

ただ、フォルダブルフォームファクター(形態)や棒(バー)型フォームファクターの需要層に違いがありうることを考慮すれば、サムスン電子がGalaxyS21ファンエディションを完全にスキップする選択をすることも容易ではないかもしれない。

結局、サムスン電子にとって最も合理的な戦略は、GalaxyZFold3の大きな画面やSペン支援の強みを活かし、Galaxy Noteシリーズの需要層を最大限吸収できるようにし、残っている棒(バー)型フォームファクターの需要層をGalaxyS21ファンエディションで吸収することと見られる。

このような点を考慮すると、サムスン電子は来年に発売する新しいフラッグシップスマートフォンの「GalaxyS22」シリーズを多少先送りする方向で事業戦略を構想する可能性が高い。GalaxyS21ファンエディションがGalaxyS22の需要を吸収する可能性も排除できないためだ。

サムスン電子は毎年2月に開かれる国際モバイル機器博覧会「モバイルワールドコングレス」(MWC)でGalaxy Sシリーズの新モデルを公開し、3月に製品を公式発売してきた。

しかし、今年はGalaxyS21シリーズを1月に繰り上げて発売し、サムスン電子のフラッグシップスマートフォンの発売日程が崩れた。

ITメディアのアンドロイドアソリティは「サムスン電子が同月にGalaxyS21ファンエディションとGalaxyS22シリーズを同時に発売するのは事業戦略の面で理想的ではない」と報道した。

これと共に、メディアは、サムスン電子がGalaxyS22シリーズの発売を2月や3月へと延期することと、GalaxyS22シリーズにあわせ、GalaxyS21ファンエディションの名前を変えた後、シリーズを4つの製品で構成する2つの可能性を示した。

サムスン電子はGalaxy Sシリーズを3つの製品で構成して発売する。GalaxyS21シリーズを例に挙げれば、GalaxyS21、GalaxyS21プラス、GalaxyS21ウルトラがGalaxyS21シリーズに縛られた。

サムスン電子は、「コロナ19」再拡散のため、スマートフォンの主力生産基地であるベトナム工場の稼動に支障を来たしている。このため、フォルダブル·スマートフォンの新製品の発売初期に殺到する注文に適時に対応できず、事前予約期間を延長したりもした。

グローバル半導体の供給不足も、GalaxyS21ファンエディションの発売予測を暗くする要因となっている。

参考記事:iPhone13に対抗するGalaxy S21 FE…サムスン電子の戦略は?
参考記事:サムスン、半導体不足に対応しフォルダブルフォンの生産集中へシフト
参考記事:Galaxy S21 FEの発売は9~10月、価格は7万円前後? 韓国紙報じる


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない