LGエナジーS、ステランティスとバッテリー合弁会社設立…北米攻略へ

EV・バッテリー 企業

LGエナジーS、ステランティスとバッテリー合弁会社設立…北米攻略へ

LGエナジーソリューションがグローバル4位の完成車メーカーであるステランティス(Stellantis)と北米に電気車バッテリー合弁法人を設立する。合弁法人で生産するバッテリーは、ステランティスの米国、カナダ、メキシコの各工場に供給され、同社の次世代電気自動車(EV)に搭載されるという。ChosunBizが報じた。

LGエナジーソリューションは18日、ステランティスと年間40GWh規模の電気自動車バッテリーセル、モジュール生産能力を備えたEVバッテリー生産のための合弁会社を設立することとし、了解覚書(MOU)を締結したと発表した。工場敷地は北米地域での有力候補地につき最終検討中で、来年第2四半期に着工して2024年第1四半期の生産を目標にしている。

ステランティスはイタリアと米国が合弁した自動車メーカー「フィアット·クライスラー(FCA)」とフランスの自動車メーカー「プジョー·シトロエン(PSA)」が合併して今年1月に発足したグローバル完成車企業だ。2025年までに電気車転換に約41兆ウォン(300億ユーロ、約4兆円)を投資すると発表している。今回の合弁会社の設立で、ステランティスは電動化戦略で競争力のあるバッテリーを安定的に確保することになった。LGエナジーソリューションは2014年、クライスラーのパシフィカ(Pacifica)バッテリー受注を皮切りに、ステランティスと長い間協力関係を維持してきた。

LGエナジーソリューションのキム·ジョンヒョン社長は「ステランティスとの合弁会社設立は両社間の長い協力関係においてもう一つのモニュメンタルな道しるべ」とし「ステランティスとともに両社の先導的な技術力および量産能力などを積極的に活用し、北米の電気車市場で顧客に最高の価値を提供するバッテリーソリューション企業として確固たる位置づけになる」と述べた。

ステランティスのカルロス·タバレス(Carlos Tavares)CEOは「合弁会社の発表は、我々が電動化に向けた努力を加速化しており、今年7月の『EVデー』で約束した事項を履行している証拠である、LGエナジーソリューションと共に新しい標準となる効率性、情熱を盛り込んだ電気自動車で業界をリードしていく」と述べた。

LGエナジーソリューションは、▲ステランティス合弁法人40GWh、▲オハイオ州GM合弁法人第1工場35GWh、▲テネシー州GM合弁会社第2工場35GWhをはじめ、ミシガン州ホランド工場と独自の新規投資を行い、2025年までに北米地域で150GWhのバッテリー生産能力を確保する計画だ。

今回の投資で「韓国-北米-中国-ポーランド-インドネシア」と続く業界最多のグローバル5角生産体制(生産工場計9カ所)をさらに強固にし、グローバル市場の先頭走者としての基盤を一層強化することになったと説明した。

参考記事:サムスンSDI、ステランティスと米国進出…バッテリー合弁工場建設へ
参考記事:LGエナジー&SKイノベが米国でバッテリー積極投資、米エコ政策期待大
参考記事:サムスンSDIがステランティスとの合弁協議中か 米に30GWH規模工場設立案…韓国紙報じる


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない