サムヤンHD、フォトレジスト専門企業エヌシーケムを575億ウォンで買収

企業 半導体

サムヤンHD、フォトレジスト専門企業エヌシーケムを575億ウォンで買収

サムヤングループが半導体精密化学企業であるエヌシーケム(NCChem)を買収し、半導体先端素材事業を強化することにした。今年創立97周年を迎え、グローバルスペシャルティ(高付加価値)ソリューション企業に飛躍するための戦略の一環だという。韓国メディア「hankyung.com」が報じた。

サムヤングループ持株会社のサムヤンホールディングスとエヌシーケムは29日、サムヤン社がエヌシーケム株式13万3000株(持分49.92%)を約575億ウォンで引き受ける株式売買契約を締結した。この日の締結式には、サムヤンホールディングスのユン・ジェヨプ代表とエヌシーケムのイ・チャンミン代表、ならびにエヌシーケムの筆頭株主であるグローバルPEファンドのクレッセンドエクイティパートナーズのパク・ジンス副代表が参加した。

サムヤンホールディングスが今回買収する株式の49.92%は、クレッセンドとイ代表が保有している株式だ。サムヤンホールディングスは今後公正取引委員会による企業結合承認後、年内に手続きを終える計画だ。サムヤンホールディングスによると、持分買収後もこの代表体制を維持する計画だという。

エヌシーケムは2008年に設立された半導体用フォトレジスト(感光液・PR)素材専門メーカーだ。感光液の生産に必要なポリマー(重合体)および光酸発生剤(PAG)を主力生産する。昨年582億ウォンの売上を上げたエヌシーケムは当該分野をリードする先進企業の一つである。

参考記事:サムスンSDIがフォトレジストの開発に着手か…韓国紙報じる
参考記事:韓国トンジン社、フォトレジスト製造棟の出荷式開催…EUV用国産化も推進
参考記事:TOKの韓国法人、フォトレジスト現地供給奏功で本社上回る実績


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない