韓国半導体大展(SEDEX2021)開催…サムスン·SK、次世代半導体技術競争へ

イメージセンサ 企業 半導体

韓国半導体大展(SEDEX2021)開催…サムスン·SK、次世代半導体技術競争へ

2021半導体大展(SEDEX2021)開幕、237社が参加

韓国国内の半導体企業が一堂に会した。サムスン電子やSKハイニックスなど、半導体の代表走者から素材、部品、装備、ファブレス(設計専門会社)、デザインハウスまで、半導体生態系の全分野の企業が多く参加し、革新技術を披露した。27日から29日までソウルCOEXで開かれた「半導体大展(SEDEX2021)」には237社が参加した。彼らが集まった理由は一つ、半導体生態系の強化のためだという。韓国メディア「economist」が報じた。

サムスン電子は同日、次世代DRAMや業界初の2億画素の壁を超えた「イメージセンサ」などを展示した。グローバルDRAMの最強企業にふさわしく業界最先端の14ナノ極紫外線(EUV)工程を適用したDDR5 DRAMの実物を確認することができた。DDR5は5つのレイヤーにEUV工程を適用した次世代DRAMで、サムスン電子が今月量産を始めた。

サムスン電子関係者は「DDR5は業界最高のウェハー集積度で前の世代に比べ生産性が約20%向上し、消費電力は前の工程に比べ約20%改善された」とし「マルチレイヤーにEUV工程を採用しただけに、次世代DRAM技術の主導権を握ることができる」と述べた。

サムスン電子がソニーに追いつくために力を集中しているイメージセンサ市場の次の走者にも出会うことができた。サムスン電子が今年9月、業界で初めて開発した「2億画素モバイルイメージセンサ」がその主人公だ。片方にはキオスクを通じてサムスン電子の工程技術やファウンドリ技術などが聞ける場所が設けられた。

SKハイニックスは今後、メモリ半導体の需要の中で成長性が最も高いサーバー用半導体に力を入れた。昨年、サムスンを抜いてサーバー用半導体1位に上がったSKハイニックスは、最近開発に成功した超高速DRAMの高帯域メモリ(HBM)製品群を展示した。サーバー用DRAMは、米マイクロソフト、アマゾン、グーグルなどIT企業がデータセンターを増設する際に必須に使われる。スマートフォンに搭載されるDRAMより20%以上高く、需要は持続的に増えている。SKハイニックスが展示したHBMは、DRAMを垂直連結してデータ処理速度を飛躍的に引き上げたメモリだ。

今回開発したHBM3は、SKハイニックスの4番目のHBMで、フルHD級映画163本分量のデータを1秒で伝える性能を誇る。

SKハイニックスがSKテレコムと韓国で初めて開発したデータセンター用AI半導体「サピオン(SAPEON X220)」も展示した。現在、多くの企業はGPUを活用してAIデータセンターを運営しているが、高いGPU価格と大きな電力使用量により発生する高い運用コストに負担を感じている。SKハイニックスの関係者は「サピオンは従来のGPU(グラフィック処理装置)に比べ性能が優秀で価格が安く、ディープラーニング演算速度が1.5倍速いため、データ処理容量が1.5倍増加する」と話した。

半導体の素·部·装(素材·部品·装備)企業も参加し、素·部·装の国産化の現状をアピールした。半導体素材企業のドンジン・セミケムはフォトレジスト(感光液·PR)と固有全率(High-K)前駆体など日本依存度が高い素材の国産化に乗り出している。WONIK IPS、PSKなどの装備会社も、国産半導体の蒸着工程装備や洗浄装備を紹介した。

韓国内半導体企業と生態系強化に乗り出しているグローバル企業も参加した。米半導体装備会社ラムリサーチが代表的だ。ティム·アーチャー·ラムリサーチCEOは基調演説で、半導体生態系全般にわたる前例のない協業を強調した。

アーチャーCEOは「全産業群で半導体に対する依存度がいつにも増して高い時期だが、開発および製造コスト上昇問題を解決できなければ技術ソリューションの導入が遅れる」とし「半導体生態系全般にわたる前例のない協業で速い速度と敏捷性(びんしょうせい)に基づいた革新が必要だ」と述べた。

このための韓国内投資計画についても具体的に言及した。ラムリサーチは最近、ファソン・バルアン公団で新しい生産工場を運営し始めた。京畿道龍仁市(キョンギド·ヨンインシ)に計1億ドル(約114億円)程度を投資し、半導体R&Dセンターも建設している。アーチャーCEOは「来春には最先端施設を備えたラムリサーチコリアテクノロジーセンターを発足する予定」とし「これを通じて韓国半導体生態系との協力水準を一段階高められるようにする」と説明した。

参考記事:サムスン、イメージセンサ1位ソニーに対し「2億画素」の壁を越え追撃
参考記事:「PSKは米ラムリサーチと競合する半導体装置サプライヤー」韓国証券社
参考記事:1秒で映画160本処理…SKハイニックス、現存最高仕様DRAM「HBM3」開発


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない