LG化学が日本の東レと合弁、ハンガリーでバッテリー部品の工場を設立

EV・バッテリー 企業

LG化学が日本の東レと合弁、ハンガリーでバッテリー部品の工場を設立

LG化学が欧州市場を攻略するため、日本の東レと手を組んでハンガリーに二次電池用の分離膜(セパレータ)合弁会社を設立する。分離膜は、電気自動車向けバッテリーの重要素材だ。LG化学は、合弁会社で作った分離膜を子会社のLGエナジーソリューションのポーランドバッテリー工場に供給し、欧州市場を拡大する計画だという。韓国メディア「econotelling」が報じた。

LG化学は27日、最高経営者(CEO)のシン·ハクチョル副会長や東レの日覺昭廣社長などの両社の経営陣が画像で行われた締結式に出席し、合弁会社の設立契約を交わしたと明らかにした。合弁会社は50対50の持分で設立され、30ヵ月後、LG化学が東レの持分20%を追加で引き受けることで、経営権を確保する予定だ。LG化学は同日、取締役会を開き、持分70%に当たる6427億ウォン(約624億円)の出資を議決した。

両社はLG化学の初期出資金を含めて計1兆ウォン(約971億円)以上を段階的に投資する計画だ。合弁工場は、ハンガリー北西部のニュルゲジュウイパル市に位置した既存の東レ関係会社の工場敷地に設立される。総面積は42万平方メートルで、サッカー場60個が入る規模だ。

両社は2028年までに年間8億平方メートル以上の分離膜生産能力を確保する計画で、来年上半期中に着工に入る予定だ。生産された分離膜は、ポーランド·ブロツワフにあるLGエナジーソリューション工場など、欧州のバッテリー企業に供給される。

グローバル分離膜の先導企業である東レは、耐熱性の強い安全性を強化した3重分離膜など、多数の源泉特許を基盤に業界最高水準の技術力を保有している。今回の合弁で、東レは欧州市場において、LGエナジーソリューションなどの分離膜販売先を確保することになった。LG化学は、自社が保有している分離膜コーティング技術に東レの生地事業の力量を加え、グローバル分離膜事業者としての存在感を強固にすることができるようになった。

ハンガリーは欧州内の物流·交通が便利で、グローバル自動車企業をはじめLG化学の主要顧客企業が隣接しているため、欧州市場で現地顧客対応力を強化するのに有利だとLG化学は説明した。

シン·ハクチョル副会長は「東レとの合弁会社設立は単純な協力を越え、LG化学のコーティング技術と東レの生地の力量など世界最高の技術力を結合しシナジーを創出する革新的変化」とし「分離膜事業を積極的に育成し、世界1位の総合電池素材会社に跳躍する」と明らかにした。

参考記事:SKイノベ子会社が欧州生産拠点を確保…バッテリー素材市場に照準
参考記事:電池分離膜大手・韓国SKIETが5月に上場 企業価値は最大7.5兆
参考記事:正極材事業でトップを狙うLG化学、今年の生産能力を2倍に増やす計画


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない