LGイノテック、アップル向け供給網強化…ライバル企業を横目に投資拡大

イメージセンサ スマホ 企業

LGイノテック、アップル向け供給網強化…ライバル企業を横目に投資拡大

アップル新型iPhone13のカメラモジュール70%以上を供給しているLGイノテックが年明けに立てた施設投資計画を拡大修正し、供給競争力を引き上げる。ライバルの中国企業が供給網から脱落し、日本企業が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の再拡散で生産に支障を来たしている中、アップルの供給網内での影響力をさらに拡大するという。韓国メディア「ChosunBiz」が報じた。

LGイノテックは先月28日、取締役会を通じて光学ソリューション事業の新規施設投資計画を、従来の5478億ウォンから8355億ウォンに変更したと公示した。投資期間は今年2月17日から12月末までで変わっていない。LGイノテックは「顧客企業の需要増加に伴う生産能力増大のために投資計画を変更した」と明らかにした。LGイノテック光学ソリューション事業部は、アップルカメラモジュール供給が主力だ。

今回の施設投資計画変更は、最近発売されたアップルの「iPhone13」や来年発売予定の「iPhoneSE 5G」などの需要に合わせるためと見られる。電子業界関係者は「LGイノテックは今年、当初の予想より供給量が大きく拡大したが、ライバル会社の中国オフィルムが新疆ウイグル人権侵害問題でアップルの供給網から脱落したことによる」と話した。

また、他のライバル会社の日本のシャープも状況が良くない。コロナ19でカメラモジュールを生産するベトナム工場を止めたのだ。シャープが供給を減らした分だけ、LGイノテックが供給を増やした。シャープは今年、アップルがiPhone13の全モデルに装着した「センサー·シフター」技術を確保できなかったという。「センサー·シフター」は手が震えるのを防ぐため、イメージセンサーを動かして誤差を補正する技術で、現在、iPhone13に入った「センサー·シフター」は全量LGイノテックが供給している。

このようなライバル会社の低迷を受け、今年、アップルのカメラモジュール供給シェアを、LGイノテックが70%以上を独占するものと見られる。昨年、アップルのカメラモジュール供給網のLGイノテックの割合は50%水準だった。

LGイノテックは、アップルのVR事業にも重要な役割を果たすと見られる。VRのヘッドセットに欠かせない3次元(3D)飛行距離測定(ToF)モジュールの供給が有力であるためだ。これに先立ち、昨年上半期、LGイノテックはアップルのタブレットPCのアイパッドプロ、iPhone12プロにToFを供給し、今年iPhone13プロにも同じモジュールを納品している。

ToFとは、カメラで物体に光を当てて反射し、戻ってくるまでの時間を測定、カメラと物体との間の距離を測り、これを基に3Dデジタル映像を作る技術だ。普通の人の目に見えない赤外線を光源として使っている。ToFはメタバースプラットフォームにおいて仮想空間を実際とほぼ同一に実現する上で重要な技術と考えられる。LGイノテックは、ToFモジュールをマイクロソフトにも供給するものと見られる。

アップル事業が好調なことを受け、LGイノテックの業績も上がっている。今年第3四半期は売上3兆7976億ウォン(約3659億円)、営業利益3357億ウォン(約323億円)を記録した。昨年同期に比べて売上は71.4%、営業利益は209.8%増加した。LGイノテックは「スマートフォン向けカメラと3Dセンシングモジュール(ToF)など高性能カメラモジュール新製品の供給が大幅に増え、好業績を収めた」と述べた。特に、光学ソリューション事業部は、今年第3四半期は前年比100%増の2兆9098億ウォン(約2804億円)の売上を記録した。会社の売上の76.6%に達する。

好調なLGイノテック光学ソリューション事業部は毎年、施設投資金額も増やしている。2019年光学ソリューション事業部は2821億ウォン(約272億円)を施設投資したが、翌年の昨年は4798億ウォン(約462億円)の施設投資額を策定した。さらに、今年初め、5478億ウォン(約528億円)へと投資額を増やし、1年も経たずに投資額を再び拡大編成した。

大信(テシン)証券のパク·ガンホ研究員は「アップルのiPhone13の供給網問題で以前に比べて目標生産が減少したが、LGイノテックの光学ソリューション(事業部)の影響は限定的だ」とし「ライバル会社の生産支障でアップル内のシェアが増加し、コンセンサス(予測値)を上回る大幅な成長を実現した」と話した。また、パク研究員は「LGイノテックの今年の営業利益は1兆2400億ウォン(約1195億円)、来年は1兆1800億ウォン(約1137億円)で、年間1兆ウォン(約964億円)時代を予想する」とし「アップル内のカメラモジュール競争力確保で先制的な開発参加と主導、普及型モデルまでシェアが増加し、高い稼働率と平均供給単価の上昇が期待される」と述べた。

当面、アップルとLGイノテックの蜜月は続く見通しだ。アップルが最近、フォールデッドカメラの特許を登録し、モジュール供給をLGイノテックに委託するものと見られるからだ。フォールデッドカメラは潜望鏡の形をした望遠カメラモジュールで、レンズとイメージセンサーを横に配置してカメラモジュールの重量を減らし、光学ズーム性能を確保した。パク研究員は「第2四半期にアップル普及型SEの新モデル発売、VRヘッドセット発売過程でLGイノテックがカメラモジュール供給を担当する」とし「アップルがフォールデッドカメラの採用過程でLGイノテックを中心に開発および供給を進めるとみられる」と話した。

参考記事:LGイノテック、4~6月実績が好調 スマホ用カメラモジュールなど牽引
参考記事:サムスン&アップル、戦略スマホ発売…サムスン電機・LGイノテック、3Q歴代級の業績を予告
参考記事:[特集]iPhone12が売れると韓国企業が儲かる…ディスプレイなど独占供給


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない