グローバル競争が熾烈なAI半導体…サムスン・SKに続きスタートアップも

半導体 研究開発

グローバル競争が熾烈なAI半導体…サムスン・SKに続きスタートアップも

人工知能(AI)の重要性が大きくなる中、サムスン電子とSKハイニックスなど韓国国内の代表的な半導体生産会社とファブレス会社がAI半導体の開発に拍車をかけている。韓国メディア「イーデイリー」が報じた。

AI半導体はAIに入るメモリー·非メモリー半導体を総称する。SKハイニックスは最近、業界で初めて第4世代HBM DRAM「HBM3」を開発した。HBMは、多数のDRAMを垂直に連結し、従来のDRAMよりデータ処理を早く終わらせる高性能メモリー半導体だ。今後、HBM3は高性能データセンターに搭載され、AIの完成度を高めるマシンラーニングや気候変動の解析、新薬開発などに使われるスーパーコンピューターにも適用される見通しだ。
SKハイニックスは同製品を通じて、第4次産業基盤システムに適した高仕様メモリーソリューション市場を先取りするという計画だ。HBM3は来年半ば以降本格的に量産される見通しだ。

メモリー半導体とAIプロセッサーを結合したメモリー半導体も出ている。サムスン電子は今年初め、世界で初めてHBMとAIプロセッサーを結合したメモリー半導体「HBM-PIM」を公開した。現在、量産に先立って検証を進めている。HBM-PIMはDRAMセルに統合された人工知能エンジンを通じてメモリーバンクで並列演算を実行してエネルギー効率性が高いという長所を持っている。

半導体企業だけでなく、一般製造企業でもAI半導体の独自開発に集中している。SKテレコムは最近、データセンターに使われるAI半導体「サピオン」を独自開発した。AI演算とデータ処理の向上に貢献できるようになった。LG電子の場合も家電製品用AI半導体を開発し、すでに家電にも採用されている。

大手企業各社が次々と半導体開発に乗り出すと、半導体を設計するファブレススタートアップ各社もAI半導体市場に参入している。AIスタートアップであるリベリオンはデータセンター用AI半導体である「アトム」を開発中だ。また韓国で初めてサムスン電子の5ナノ微細工程を活用し、AI半導体「リーベル」の量産に突入することにした。

また、他のファブレス企業のピュリオ社AIは、AIの性能向上に焦点を合わせたシステム半導体のAI加速器の開発に取り組んでいる。ソウル大学のチェ·ギチャン教授は「全世界がAIチップ開発を同時に始めただけに今後グローバル企業との競争がもっと熾烈になる」とし「標準化およびグローバルリファレンスを先占するのがカギ」と助言した。

参考記事:サムスン電子、将来1179億ドル規模のAI半導体市場へ「照準」…AI搭載メモリー製品を拡大
参考記事:韓国のAI半導体スタートアップが19億円投資誘致
参考記事:1秒で映画160本処理…SKハイニックス、現存最高仕様DRAM「HBM3」開発


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない