半導体、原材料…サプライチェーン掌握した中国に韓国は成す術なしか

EV・バッテリー 半導体 通商・特許

半導体、原材料…サプライチェーン掌握した中国に韓国は成す術なしか

韓国バッテリー素材メーカーが正極材の核心素材である前駆体の原材料のうち90%以上を中国から輸入していることが分かった。負極材など他の核心素材の原材料も中国依存度が60%を超えた。尿素水問題で起こった中国発の原材料供給不足で、韓国内バッテリー生態系の生存が脅かされる可能性があると分析されている。韓国メディア「韓国経済」が報じた。

14日、韓国貿易協会によると、今年1~9月に正極材の核心素材である前駆体に含まれる酸化タングステン、水酸化カルシウム、水酸化マンガンなどの原材料輸入額は19億9512万ドル(約2兆3500億ウォン、約2273億円)だった。このうち、92.8%の18億5081万ドル(約2兆1800億ウォン、約2109億円)分を中国から輸入した。本紙が関税庁品目分類体系(HS)を活用して全数調査を行った結果だ。

また、他の正極材素材の酸化コバルト、負極材の核心素材の人造黒鉛の中国依存度はそれぞれ63.9%と67.0%だった。3大バッテリー素材の一つである分離膜原材料も中国依存度が60.8%に達した。業界関係者は「原材料加工過程で汚染物質が発生する可能性があり、労働集約的生産が必要なため、中国工場で加工を経た後、国内に持ち込んでいる」とし「中国で原材料供給が切れた瞬間、国内バッテリー素材および完成品の生産が中断される可能性もある」と述べた。

二次電池だけでなく、半導体、鉄鋼、石油化学、自動車など国内主要製造業も状況は同じだ。酸化膜やウェハーの製造に使われる半導体原材料の中国依存度は60%を超えている。鉄鋼や自動車分野でも、安価汎用製品を中心に、中国への依存度は相当高い。

専門家らは、中国はいつでも原材料を戦略物資化できると見ている。米国との貿易紛争、台湾との関係などで問題が生じるたびに原材料供給を抑制する「武力デモ」に出る可能性が高いという分析だ。15日(現地時間)に開かれる米国のジョーバイデン大統領と中国の習近平(シーチンピン)国家主席の初の首脳会談でも貿易紛争、両岸関係などのイシューが扱われる見通しだ。両国の立場が鋭く、合意を引き出すことは難しいという分析が支配的だ。

参考記事:韓国産業部、中国に「韓国企業への電力供給・原材料安定化」協力要請
参考記事:押し寄せる中国バッテリー前駆体に韓国素材各社「自給率アップ目指せ」
参考記事:半導体不足に加えて自動車原材料供給網も…Kバッテリー各社不安拡大


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない