韓国、第3四半期のEV累積販売台数は7万1000台…世界第7位の規模に成長

EV・バッテリー

韓国、第3四半期のEV累積販売台数は7万1000台…世界第7位の規模に成長

今年第3四半期までの韓国の累積電気自動車(EV)販売量が世界で7番目の規模であることがわかった。バッテリー企業もグローバル先頭圏を維持しており、グローバル100大自動車部品メーカーに参入する新規の部品メーカーも登場したという。韓国メディア「電子新聞」が報じた。

韓国自動車研究院は15日、「グローバル電気車市場で高まった韓国の地位」と題する報告書で、今年第3四半期の累積電気車販売台数が7万1006台を記録し、前年比96%増えたと明らかにした。

韓国内の累積電気車販売台数は世界7位で、2019~2020年の世界8位から1段上に上がった。

1位は中国(176万台)で、続いて米国(27万台)、ドイツ(24万台)、英国(13万台)、フランス(11万台)、ノルウェー(8万台)の順だった。

韓国の内需における自動車の全体販売量で電気自動車が占める比重は5.5%を記録した。欧州を除いた国のうち、中国(9.4%)に次いで高く、米国(2.3%)の2倍を超える数値だ。

現代(ヒュンダイ)車グループは、前年同期比67%増の15万9558台を販売し、世界完成車メーカーの中では販売台数5位を記録した。「コナEV」、「ニロEV」に続き、今年は「アイオニック5」、「EV6」、「GV60」など電気自動車の新車を攻撃的に発売した成果である。

韓国バッテリー企業3社は、攻撃的投資と取引先の拡大でグローバル先頭圏を維持している。今年第3四半期の累積電気車販売容量の順位はLGエナジーソリューションが2位(4万21522㎿h)、SKイノベーション5位(7887㎿h)、サムスンSDI8位(3607㎿h)を占めた。

LGエナジーソリューションは、電気自動車バッテリー問題と関連してゼネラルモーターズ(GM)とのリコール合意後、供給を再開し、攻撃的な新規投資を展開した。SKイノベーションは、現代車グループとのパートナーシップでグローバル新興強者として浮上し、フォードや米国現地のバッテリー工場への投資を進め、事業を拡大した。サムスンSDIは、アウディやBMW、ボルボ、ロールスロイスなどを顧客会社として確保した。

韓国内部品メーカー各社も成果を示している。2020年、グローバル上位100自動車部品メーカーに名を連ねた韓国企業は計9社と、2018年比3社が増えた。SL、ソヨンイファ、ユラが新規参入した。現代モービスやマンドなど、汎現代家が主導した部品市場で、ほかの企業各社が成果を出し、意義深い。

韓国自動車研究院研究戦略本部のヤン·ジェワン先任研究員は「競争が激化するグローバル電気車市場内での今後の韓国の立地強化のため、車両用半導体需給の安定化、バッテリー信頼性の確保、内燃機関部品企業の事業転換が必要だ」と助言した。

参考記事:韓国で電気自動車の累計販売台数が20万台を突破、1年4か月で2倍に 
参考記事:逃げる現代vs追いつくトヨタ、水素電気自動車世界1位の競争加熱
参考記事:今年上半期の世界自動車販売台数、半導体不足の影響下でもエコカーやEVは増加基調に


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない