半導体スーパーサイクル終了するか…第4四半期DRAM市場は下落基調へ

半導体

半導体スーパーサイクル終了するか…第4四半期DRAM市場は下落基調へ

サムスン電子やSKハイニックスなど「半導体コリア」の見通しが暗い。今年第4四半期のDRAM市場が6四半期連続成長を終え、鈍化に転じるという予想が出てからだ。韓国メディア「グローバル経済新聞」が報じた。

15日、業界によると、ICインサイツは最近の報告書を通じて、今年第4四半期のグローバルDRAM市場の売上が253億4600万ドル(約29兆9000億ウォン、約2兆8863億円)を記録すると予想した。これは直前の四半期より2.7%下落した数値だ。

グローバルDRAM市場は新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態以後、情報·通信(IT)機器需要の急増と非対面環境の影響で昨年第2四半期から今年第3四半期まで6四半期連続四半期売上が増えた。具体的にDRAM市場の四半期の売上は、昨年第1四半期の147億9000万ドル(約17兆4000億ウォン、約1兆6842億円)から今年第3四半期は260億4300万ドル(約30兆7000億ウォン、約2兆9657億円)と、6四半期ぶりに76.1%成長した。

しかし、今年第4四半期は冴えない見通しが出ている。DRAM価格の下落傾向への転換と販売量の減少などが予想されているからだ。ICインサイツは「パソコンとサーバーメーカーがDRAMの在庫切れになったことで、今年第4四半期にパソコン用、サーバー用DRAM価格が0~5%下落する」とし「モバイルDRAMも来年に価格下落が予想され、スマートフォンメーカーは購入に消極的な様子」と分析した。

市場ではDRAM価格が今年第4四半期から上昇に歯止めがかかり、下落するだろうという見通しが提起されてきた。実際、トレンドフォースの調査によると、パソコン用DRAM汎用製品(DDR4 8Gb)の10月の固定取引価格は、前月より9.51%下がったことが分かった。

メモリー半導体DRAM市場はサムスン電子とSKハイニックスなど国内半導体企業が過半のシェアを占めてリードしているが、DRAM価格の下落傾向はこれら企業の収益性に悪影響を与えざるを得ない。トレンドフォースによると、今年第2四半期のDRAM市場でのシェア(売上基準)はサムスン電子が43.6%で1位、SKハイニックスが27.9%で2位だ。3位の米マイクロンは22.6%のシェアで、サムスン電子、SKハイニックスと並んでDRAM3強の構図となっている。

参考記事:サムスン電子の半導体供給不足は来年度緩和へ…来年度は最高益更新か
参考記事:第4四半期に価格下落が深刻なDRAM…来年は過剰供給の懸念が高まる
参考記事:半導体スーパーサイクル鈍化の可能性…サムスン・SKは「状況を注視」


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない