ヒュンダイ系列社、韓国軍のK2戦車生産受注…欧州輸出も企図か

その他

ヒュンダイ系列社、韓国軍のK2戦車生産受注…欧州輸出も企図か

ヒュンダイ自動車グループ傘下のヒュンダイロテム(Hyundai rotem)が韓国軍の戦車量産を受注した。
 
(参考記事:「ヒュンダイ系列社、韓国軍に自律走行車供給へ…リモート射撃や追跡が可能に」)
 
ヒュンダイロテムは韓国の防衛事業庁との間で、約5330億ウォン(約497億円)規模となるK2戦車の第3次量産物量納品契約を締結したと22日、明らかにした。

今回の契約により、ヒュンダイロテムは2023年までにK2戦車の第3次量産全量を供給することになる。先にヒュンダイロテムは2010年に同1次量産契約を受注し、2015年に全量供給。2014年に同2次量産を受注し、2021年までにすべて納品する予定だ。

ヒュンダイロテムによると、これら量産実績をベースに、海外市場への進出を加速したい構えだ。2008年にトルコへの技術輸出に成功した例がある。また、今年9月にポーランドで開かれた国際防衛産業展示会「MSPO(Miedzynarodowy SalonPrzemysłuObronnego)」に参加し、ポーランド輸出型モデルであるK2戦車を改造した「K2PL」モデルを披露するなどしている。

K2戦車は装甲戦力強化と既存老朽戦車の代替需要に対応するため2008年に開発された戦車である。主砲に120mm滑腔砲を装着。自動装填装置の導入により弾薬手を必要とせず、従来のK1戦車より1人少ない3人の人員での運用が可能だ。また、K2戦車は最高70km / h以上の速度を出すことができ、水深4m以上潜水して河川を渡ることができる。

ヒュンダイロテムの関係者は、「K2戦車の第1、2次量産事業を行い蓄積したノウハウを活用して、優れた品質の戦車をタイムリーに納品し、軍戦力増強に貢献できるよう最善を尽くした」と述べた。
 
(参考記事:「起亜自動車、韓国軍の次世代軍用車開発へ…EV・自律走行・水素燃料を活用」)
(参考記事:「サムスン開発の軍事用スマホモデル「Galaxy S20 TE」、米軍に続き韓国軍でも採用へ」)
(参考記事:「韓国軍事企業が5G利用で無人車両開発を促進…走行や射撃をリモート化」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない