急成長中の中国向けテスラ車はLG製バッテリー搭載

EV電池

急成長中の中国向けテスラ車はLG製バッテリー搭載

米テスラ社は先月、中国のインターネット上で上海工場で作られたモデル3の写真を初めて公開したのに続き、最近、上海をはじめとする全国の主要店に続々と量産製品を展示するなど本格的に中国での販売に乗り出している。韓国経済新聞が報じている。

上海工場で生産されたモデル3には韓国のLG化学のバッテリーが搭載された。
これまで業界ではLG化学が上海基ファクトリーにバッテリーを納品するという観測が支配的だったが、今回それが最終的に確認された形である。

現在、上海市のみで、すでにテスラ専用急速充電スタンドである「スーパーチャージャーステーション」が20ヶ所余り設置されているが、これは韓国国内の全24カ所に匹敵するレベル。

テスラの中国市場における見通しは明るい。中国は世界最大の自動車市場であり、世界の自動車メーカーが命運をかけて激突。 電気自動車市場は、特に競争が激しい分野だ。

テスラの今年1〜9月の中国市場の自動車販売額は23億1千800万ドル、前年同期より60.4%の大幅増を記録した。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない