正念場を迎えるLGディスプレイ

ディスプレイ 企業

正念場を迎えるLGディスプレイ

LGディスプレイが正念場を迎えているようだ。韓国のスクープ紙が報じている。

LG電子は第3四半期好実績を上げた。 LG電子の今年第3四半期の営業利益は、7815億ウォン。 2009年以降、10年ぶりの好実績である。 牽引したのはTV及びモニターなどを生産・販売するホームエンターテインメント(HE)事業部である。 LG電子のもう一つの主力事業であるホームアプリケーション&エアソリューション(H&A)部門の営業利益は前期比40.2%減少したがHE事業部は、54.7%増加した。 業界では、「「OLED TV効果」が現れている」と分析。

ところが、OLED TVの革新を導いたLGディスプレイの実績は惨憺たるものである。 LGディスプレイは今年第1四半期以降、継続して営業赤字を記録。 第3四半期の営業損失は、4367億ウォンで、今年の最低値を記録した。第4四半期は6114億ウォンまで損失が大きくなる見通しだという。

一次的な原因は、LCDパネル価格の急激な落ち込みによるものだ。 市場調査機関IHSによると、今年1月91ドル水準だった43インチLCDパネルの価格は、11月73ドルまで下落した。 中国からのLCDパネルの供給が増えたことが要因のようだ。

OLEDパネルの収益性も見通しが不透明だ。 業界関係者によると 「LGディスプレイはOLEDパネルの生産コストが高いにも関わらず、市場を育てるために価格を下げて納品した。 市場が大きくなって生産コストが低下、収益性は改善されるとの狙いだった」とのこと。

LGディスプレイのTV用OLED実績は、昨年黒字に転じた。 しかし、LGディスプレイがOLEDに投資した費用は、2017年以来20兆ウォンを超える。 同社の関係者は、「中国の広州と坡州P10工場で量産が開始されると、生産量が本格的に増えるだろう」としながらも「ただ、投資コストの回収と減価償却費などを勘案すれば、すぐに実績が改善に向かうかは難しいところだ」と説明したという。

2020年の見通しも決して明るくはない。 中国や台湾メーカーとの競争が激化することが予想されるからだ。最後は体力勝負になるとの見方が出ている。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない