韓国銀行団がLG化学のEV電池事業を強力支援、海外投資などに

EV電池 企業

韓国銀行団がLG化学のEV電池事業を強力支援、海外投資などに

LG化学の二次電池関連の海外投資を支援するため、韓国産業銀行、韓国輸出入銀行、韓国農協銀行が50億ドル(約6兆ウォン)を供給する。韓国経済新聞が報じている。

LG化学、金融機関が9日、ソウルLGサイエンスパークで「二次電池産業の育成のための産業・金融協力プログラム」協約を結んだ。

政府が日本の輸出管理強化に対応し、9月に設けた「海外の買収合併(M&A)・投資共同支援協議体」を介して実現される最初の案件である。
3銀行は、今後5年(2020〜2024年)の間にLG化学が2次電池事業と関連し、海外生産設備投資に乗り出すと際に、50億ドルを迅速に支援する。
また、LG化学が600億ウォン、産業銀行が900億ウォンを出資して1500億ウォン規模のファンドも造成する。ファンドからの利子収入を活用して、LG化学サプライヤーに金利優遇などのメリットを供与する方針だ。輸出入銀行は、協力会社に優遇条件を適用し、最大2000億ウォンを融資する予定。LG化学と、これら銀行は、二次電池事業と関連した研究開発(R&D)にも協力する見通し。

LG化学は、海外投資を拡大し、年間490万台の電気自動車バッテリーの生産能力を確保する構想だ。 シン・ハクチョルLG化学副会長は「2次電池の生産拡大と技術力の向上を通じて素材・部品・機器産業の発展に貢献し、協力会社との共存を図ることができる方案を継続的に追求する」と話した。

金融委員会主導で運営されている協議会には、産業銀行、輸出入銀行、企業銀行、農協銀行、大韓商工会議所、中小企業中央会、中堅企業連合会、半導体・自動車・機械・ディスプレイ・石油化学協会、KOTRAなど14の機関が 参加した。 JPモルガン、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、UBS、クレディ・スイスなど外資系投資銀行(IB)も専門支援団を務める。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない