サムスンがソウルの地下鉄駅90箇所に4218台のデジタルサイネージ設置

ディスプレイ 企業

サムスンがソウルの地下鉄駅90箇所に4218台のデジタルサイネージ設置

サムスン電子がソウル地下鉄の90に上る駅にスマートサイネージを設置した。
サムスン電子は、ソウル交通公社の推進する地下鉄総合案内のデジタル化事業に参加し、サムスンのスマートサイネージ・4218台を設置したと11日、明らかにした。

サムスン電子は、ソウル地下鉄1〜4号線の乗り場、待合室、出口などに設置されていたアナログの案内図を49型、65型サイズのタッチ型スマートサイネージに置き換えた。 これにより、地下鉄利用客はモバイルアプリケーションを使用しているかのように地下鉄路線と時刻表、周辺情報、交通情報などをリアルタイムで利用できるようになった。
また、出入口番号を案内していた標識も横長サイズのサイネージに交換することで読みやすくし、乗り場と待合室にはUHD級高画質コンテンツを表示できる85型の大型サイネージを設置し、広告媒体としても活用できるようにした。

今回の選定されたサムスンのスマートサイネージは、1日24時間365日運用しても問題なく、IP5X等級防塵認証を受けた製品であるのとから、流動人口の多い場所でもほこりや異物に影響されないのが特徴だ。
また、ディスプレイ前面に無反射処理の視認性を高め、500ニット(Nit)以上の明るさによって、混雑した駅のなかでも鮮明に情報を伝達することかできる。
キム・ソッキ サムスン電子映像ディスプレー事業部副社長は、「ソウル交通公社と総合案内のデジタル化事業をできて喜ばしい」とし「今後も差別化された技術で、消費者の日常をより便利にするために貢献したい」と述べた。
一方、調査会社IHSによると、サムスン電子のスマートサイネージは、2019年第2四半期数量ベースで28.5%のシェアで11年連続で世界1位を維持しているという。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない