サムスンQLED TVが欧米商戦で絶好調

ディスプレイ 企業

サムスンQLED TVが欧米商戦で絶好調

サムスン電子が欧米市場のブラックフライデー期間においてTV販売で1位を記録した。 特に主力製品であるQLED TVがよく売れたようだ。聯合ニュースなどが伝えている。
15日、市場調査会社であるNPDとGfKの集計によると、サムスン電子は感謝祭とブラックフライデーシーズン(11月25日〜12月1日)に、米国とヨーロッパでQLED TVをそれぞれ約13万台と16万台を販売した。
プレミアムTV市場で、サムスンQLEDと競争関係にあるOLED(有機EL)TV全体の販売台数と比較すると、米国では約4倍、欧州では1.5倍も多く売れた形になる。

また、この期間75インチ以上の超大型TV市場でも、サムスン電子は、米国、欧州、ブラジルなどで60%レベルのシェア(金額ベース)を記録。
米国では、シェアが59.6%となり、2位のLG電子(21.5%)、3位のソニー(14.4%)を大きく上回った。
欧州市場シェアも60.2%に達し、LG電子(17.1%)、ソニー(15.1%)の3倍以上であった。
ブラジルでは、サムスン電子(63.1%)とLG電子(33.2%)が96.3%を占め、ソニーは3.6%にとどまった。

サムスン電子は、TV全体の売上高においても、米国で約40%、欧州で約35%、ブラジルで約49%などのシェアを達成。特に米国市場では、サムスンが39.7%を占め、LG電子(13.4%)とビジオ(9.1%)、ソニー(6.0%)、TCL(5.5%)などの2〜5位のシェア合計よりも上回ったという。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない