韓国勢がEV電池シェアで躍進、LG化学は世界3位に

EV電池 企業

韓国勢がEV電池シェアで躍進、LG化学は世界3位に

LG化学が、中国BYD(比亜迪)を抜き、世界の自動車バッテリー市場シェアで3位に浮上したことが分かった。
電気自動車の市場分析会社・SNEリサーチは19日、去る10月における全世界の電気自動車のバッテリーの使用量は7.8GWh(ギガワット時)であり、前年同期比で25.7%減少したと明らかにした。3ヶ月連続の下落である。世界のバッテリー市場の半分を占めた中国市場が低迷したのが理由とみられる。これにより、CATL・BYDなどの中国バッテリーメーカーが最も大きな打撃を受けた。
一方で、LG化学をはじめとする、サムスンSDI、SKイノベーションなど韓国勢は大幅にシェアを増やした。特にLG化学は大きく増え、今年1~11月累計でも世界3位となった。
韓国中央日報は、「中国政府のバッテリー補助金の減少などでこれまで乱立していたバッテリー・電気自動車メーカーが整理されている」とし「一方、韓国のバッテリーメーカーは技術力をもとに、中国だけでなく、欧州・米国の自動車メーカーとの協力を増やし続けている」との業界筋コメントを紹介した。
CATLに続いて市場シェア2位だったパナソニック(日本)も10月に使用量が前年同期比37.8%減少した。独占的にバッテリーを供給している米国電気自動車メーカー・テスラの販売量が景気低迷により大幅に減ったためとみられる。
今年(1〜10月)の全世界のバッテリー使用量累計は89.2GWhであり、前年同期より34.8%増加したが、最近数ヶ月で傾向が変わった。 SNEリサーチは、「過去1〜7月の堅調だった次席が最近3ヶ月間の低迷を相殺させた結果」とし「当分の間、逆成長が続くと累積増加幅はさらに減少するだろう」と明らかにした。
今年のグローバル電気自動車のバッテリー市場シェアはCATLが26.7%で1位を守り、パナソニック(17.5%)が2位、LG化学(14.2%)が3位を記録した。続いBYD(6.2%)、サムスンSDI(5.5%)が続いた。 SKイノベーションは2.7%で9位。
SNEリサーチ関係者は「当分の間、中国と米国市場の低迷が続く可能性が高く、電気自動車バッテリーの市場見通しに対する懸念が深まっている状況」とし「今後、国内業界では、基礎競争力を育てながら、市場攻略に積極的に乗り出すことが主な課題になるだろう」と述べた。


(写真:LG化学の中国南京工場/LG化学提供)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない