サムスンのR&D額が世界二位に、一位はアルファベット

企業 研究開発

サムスンのR&D額が世界二位に、一位はアルファベット

サムスン電子の研究開発(R&D)投資金額が世界の企業のなかで二番目に高い額であることが分かった。
20日、欧州連合(EU)の執行委員会が発刊した「2019産業のR&D投資スコアボード」において2018年度のR&D投資額1位の企業はGoogleの親会社であるアルファベットであり、サムスン電子が2位を記録した。
アルファベットは183億ユーロ(約2兆円)を投資し、前年(134億ユーロ)より37%増やした。
一方、サムスン電子のR&D投資は148億3千万ユーロ(約1.6兆円)で1位を記録した前年に比べ投資規模は10%増えたが、2位となった。
続いて、マイクロソフト(147億ユーロ)、フォルクスワーゲン(136億ユーロ)、Huawei(127億ユーロ)、アップル(124億ユーロ)、インテル(118億ユーロ)などが続いた。
サムスン電子は、2012年以来、ずっと5位以内にランクインしており、昨年初めて1位を記録した。
上位50位を国籍別にみると、韓国企業はサムスン電子が唯一だった。 米国企業が22社で最も多く、続いてEU(17)、日本(6)、中国(2)、スイス(2個)の順だった。
この調査は、R&D投資が3000万ユーロ以上の企業2500社(44カ国)を対象に行われ、全総投資額は8千234億ユーロ、前年比8.9%増加したことが分かっている。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない