韓国半導体メーカー、今年は大幅業績改善か

企業 半導体

韓国半導体メーカー、今年は大幅業績改善か

6日、韓国の金融情報企業・エフアンドガイドによると、韓国コスダック市場の主要な上場企業289社のうち264社(91.4%)の営業利益が昨年より増えると予想した。これらの企業の営業利益見通しの合計も、昨年131兆8899億ウォン(約12.2兆円)から今年169兆2627億ウォン(約15.7兆円)と28.3%増加した。

特に半導体業界の業績改善が大きくなると予測された。サムスン電子とSKハイニックスの年間営業利益がそれぞれ28兆2497億ウォン(約2.6兆円)、7兆331億ウォン(約6800億円)と、昨年より40.9%、140.6%ずつ増加。

韓国投資証券のユ・ジョンオ研究員は「最近、Dラムの需要がはっきりと改善を示している」とし「メモリー半導体部門の実績の改善は2021年まで続くだろう」と展望した。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない