サムスン株価史上最高値更新、SKも20年来の高値。半導体回復見通し受け

企業 半導体

サムスン株価史上最高値更新、SKも20年来の高値。半導体回復見通し受け

半導体業況改善の見通しに支えられ、サムスン電子とSKハイニックスの株価が高値を更新している。サムスン電子は史上最高値をさらに更新し、SKハイニクスは20年来の高値を付けた。

サムスン電子は10日午前9時24分現在、韓国KOSPI市場において、前日比9000ウォン(1.54%)上昇の5万9500ウォンで取引されている。前日、サムスン電子は5万8600ウォンで取引を終え、1975年6月に韓国取引所に上場されて以来、45年ぶりに最高値を更新していた。

SKハイニックスもこの日、前日比200ウォン(0.2%)上昇の9万9200ウォンを記録。これは、2001年2月8日に10万5019ウォンを記録して以来の、20年ぶりの最高値となっている。

サムスン電子は8日、昨年第4四半期の暫定実績で発表し、市場予想値を上回る水準であった。証券業界アナリストは、サムスン電子のメモリ半導体部門の利益が予想よりも早く回復すると予想し、目標株価を相次いで上方修正していた。

株価の高騰により、両社を合わせた時価総額は421兆ウォン(約37兆円)を超え、KOSPI市場全体の時価総額の30%突破する勢いとなっている。

イ・スンウ ユージン投資証券研究員は、「”NAND型に続きDRAM現物価格も目に見えて上昇し始めており、半導体の輸出もU字型に回復する兆しが現れている」とし「メモリサイクルの回復に支えられ、今年の実績は、売上高31兆4000億ウォン(約2.9兆円)、営業利益7兆ウォン(約6600憶円)で、前年よりそれぞれ17%、140%増加するものと期待される」と分析した。彼はまた、「地政学的リスクが浮上しているが、今年の実績改善幅が最も大きいセクターが半導体であることの判断には変わりがない」と付け加えた。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない