サムスンとLG、米CESで計300件超の受賞。

その他 ディスプレイ 企業 研究開発

サムスンとLG、米CESで計300件超の受賞。

サムスン電子とLG電子は、10日(現地時間)に閉幕した世界最大の家電・情報技術(IT)展示会「CES 2020」において、主幹事である米国の消費者技術協会(CTA)が授与する「CES最高革新賞」をそれぞれ受賞した。

12日、サムスン電子は、今回のCESにおいて、CES革新賞46件を含めて、全198の賞を獲得したと発表した。 2020年型量子ドット発光ダイオード(QLED)8K TVは、IT専門媒体であるテックレーダー、トラステッドレビュー、ポケットリント、ディーディーネットなどから「CES最高製品」として選出された。特に、ディープラーニング技術が搭載された「AI量子プロセッサ」と、画面の99%まで活用可能な「インフィニティデザイン」、8K画質にふさわしい豊かなサラウンド音質などは、多数のグローバルメディアより好評を得た。

テックレーダーは「2020年最高の技術のリストに1つの製品をあげるなら、サムスンのQLED 8Kを選ぶことができるだろうと」と評価した。生活家電部門では、ファミリーハブ冷蔵庫が5年連続でCTAが選出する革新賞を受賞し、今回初めて披露されたキューブ冷蔵庫も高評価だった。

この日、LG電子も「CES最高革新賞」などを含む全119の賞を受賞した。このうち半分以上は、有機発光ダイオード(OLED)TVなどTV関連製品が占めており、技術的なリーダーシップが認められた形だ。プレミアム家電についても複数の賞を受賞している。

米国IT専門媒体タムスガイドは、LG電子が今年初めて披露した「TVの壁密着デザイン」について、「LGの有機ELTVがより洗練された」と高評価を与えた。

(写真:サムスン電子開発/企画担当者が2020年型QLED8Kが受賞したCES革新賞などの盾を持って記念撮影をしている=サムスン電子提供)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない