ポスコが中国でEVバッテリー前駆体を生産開始

EV電池 企業

ポスコが中国でEVバッテリー前駆体を生産開始

ポスコが電気自動車(EV)バッテリーの核心素材であるプリーカーサー(前駆体)事業を本格化した。
韓国メディア・ジイレックによると、14日、中国ファユコバルト(华友钴业)との合弁会社であるファユポスコ(华友浦项)が前駆体の生産を開始したという。ポスコはもちろん、関連会社であるポスコケミカルにも供給される予定であり、年間3万トン規模の生産量とのこと。
ポスコは昨年ファユコバルトとの間で、前駆体(ファユポスコ)と陽極材(浙江飽
和、浙江浦華)法人をそれぞれ設立した。両社は合弁会社に10億元(約160億円)を投資する。ファユコバルトは、世界最大のコバルトメーカーの一つである。ニッケルの供給も可能とのこと。
現在、ポスコ・ポスコケミカルの陽極材の主要顧客はLG化学である。最近LG化学は、中国南京滨江経済開発区の電気自動車バッテリー第2工場の第1段階の投資を終えたところだ。 2023年までに2兆1000億ウォン(約2000億円)を段階的に投資し、32ギガワット時(GWh)規模の電気自動車のバッテリーを作る計画。南京はファユポスコと浙江省飽和がある浙江省桐郷市と近い。
ポスコはポスコケミカルの国内工場に加え、2万トン規模の陽極材の生産設備を確保した形になる。今年は生産規模を4万5000トンに増やす計画だという。
ポスコグループは、二次電池の素材である陽・負極材分野において、2030年までに世界市場シェアの20%、売上高17兆ウォン(約1.6兆円)を達成するという目標を立てている。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない