SKイノ、米ジョージア州にさらに大型の投資へ、EVバッテリー工場

EV電池 企業

SKイノ、米ジョージア州にさらに大型の投資へ、EVバッテリー工場

SKイノベーションが電気自動車バッテリーの大型追加投資を検討していると発表した。同社は、米ジョージア州に建設中のバッテリー工場に追加で投資を行うことを検討していると16日明らかにした。 急速に成長する米国市場でのバッテリー供給を拡大するため、年内に第2工場を建設する案を検討するというものである。

SKイノベーションは、2018年、米ジョージア州ジャクソン郡コマース市に年間9.8ギガワット時(GWh)規模の電気自動車バッテリー工場の建設を決定。昨年3月に起工式を行った。34万坪の敷地に建設中の工場は2021年下半期の完成し、2022年初めに量産供給に入る計画だ。
同工場が本格稼動する2022年には、今年から生産に入る中国、ハンガリーの各工場を合わせ、バッテリー生産能力が現在の19.7GWh(電気自動車40万台分)から60GWh(電気自動車120万台分)まで拡大される見通しだ。
SKイノベーションは、急成長する米国市場の状況を勘案し、段階的に投資拡大を検討中だという。
SKイノベーションのチェ・テウォン会長は2018年11月にあった同社イベントにおいて、「事業がうまくいけば、50億ドルまでの投資拡大を行い、6000人の採用も可能になるだろう」と言及するなど、当時から投資の拡大を示唆していた。
SKイノベーションは、リチウムイオン電池の分離膜技術と生産能力を確保し、韓国メーカーの中で唯一分離膜を独自生産しており、セル生産方式でも接着工程をなくす方法で性能を高めている。
ジョージア州は税制優遇など各種の行政支援を約束したという。
SKイノベーションは、ジョージア州で唯一の大規模なバッテリー工場を保有することで、近隣にある自動車メーカーに安定的にバッテリーを供給すると発表。 2022年から、工場で生産されるバッテリーは近所のテネシー州(Tennessee)州チャタヌーガ(Chattanooga)にある電気自動車会社工場に供給する予定であるとのこと。韓国紙はこれをフォルクスワーゲンと報じている。

(写真:米ジョージア州で建設中のSKイノベーションの電気自動車バッテリー工場=同社提供)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない