サムスンがインドにスマホ用ディスプレイ工場建設へ

スマホ

サムスンがインドにスマホ用ディスプレイ工場建設へ

サムスンディスプレイが、インドに5億ドル(約550億円)をかけてスマートフォン用ディスプレイパネル工場を建てるようだ。20日、ロイターや韓国各紙が報じた。

サムスン電子のインド法人(Samsung India Electronics Pvt Ltd)がインド規制当局に提出した公文書によると、新工場は、年間1億2000万台のスマートフォンを生産することができるインドのノイダにあるサムスン電子工場の中に建設される予定であるという。ノイダは首都ニューデリー近くにある都市であり、サムスン電子やLG電子など大企業の工場が密集しているところである。サムスン電子は、2018年ノイダにスマートフォンの生産工場を竣工した。 7億ドル(約770億円)が投入された同工場は、スマートフォンの工場としては世界最大規模だ。

サムスンはスマートフォンの組み立てだけでなく、ディスプレイやバッテリーなどのスマートフォン用部品もインド国内で生産する構えのようだ。サムスンディスプレイとサムスンSDIは昨年7月、インドに現地法人を設立した。

インドは、サムスン電子のスマートフォンにとって最大の市場の一つである。市場調査機関のカウンターポイントリサーチによると、昨年第3四半期、インドのスマートフォン市場シェア1位はシャオミ(26%)が占めた。サムスン電子は19%で2位だった。 2012年以来、インドのスマートフォン市場1位を占めていたサムスンは、2017年に中国シャオミの低価格攻勢に押され1位の座を奪われていた。サムスンはインド市場1位を奪還するため10万〜20万ウォン(約9400円~18800円)台の中・低価格スマートフォンのラインナップを増やしている。

※写真:昨年インドのイベントに参加したサムスン電子の幹部=サムスン電子提供
 
 
 
(以上)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない