東京エレクトロンが韓国平沢に大規模SPセンター竣工

企業 半導体

東京エレクトロンが韓国平沢に大規模SPセンター竣工

東京エレクトロン(TEL)は、京畿道平沢(ピョンテク)に大規模な顧客サポートセンターを竣工した。平沢には、サムスン電子の最先端メモリ半導体工場が位置している。 TELは、サムスン平沢事業所からわずか600mの距離にこの施設を構築した。

韓国電子新聞によると、PTSCは技術対応とエンジニアリングに焦点が当てられるが、今後は主要装備に入る部品を生産する可能性もあると伝えられた。

TELコリア(代表ウォン剤形)は21日、平沢市に新たな「都市型」の工場を竣工し、運営に入ったと発表した。新たに竣工された工場の正式名称は、平沢技術支援センター(PTSC)だ。 PTSCは延べ面積7025㎡(約2125坪)の3階建て。今後、最大400人の社員が従事するという。

TELはすでに、サムスン電子の華城事業所の隣に、「東京エレクトロン韓国技術センター(TTCK)」と呼ばれる大型の研究開発(R&D)センターを保有している。ここでは、次世代と次々世代の半導体装置のR&Dが行われる。ウェハ工程が行われるチャンバーだけでも数十台が設置されているといわれる。

同地は、サムスン電子の次世代メモリー半導体生産における中核基地だ。ここでは毎月20万枚以上の生産能力を備えたDラムおよびNAND型フラッシュ設備が稼働している。サムスンは最近、平澤第1工場の余剰スペースと新規工場である第2工場に最先端のDラム設備投資を進めている。

同紙によると、TEL関係者は「TELの最先端技術レベルと正確なサービスを提供するために顧客に最も近い地域にPTSCを新築することになった」とし「TELが以前から行ってきた競合他社との差別化だ」と述べたという。同関係者は、「現時点で正確にどのような機器や部分品を生産するかは決定されていない」と説明したとのこと。

同紙によると、ワン・ジェヒョンTELコリア代表は「TELコリアは、従業員1250人以上の韓国企業であり、東灘(トンテク)・平沢(ピョンテク)など8つの拠点で、国の経済活動に積極的に貢献している」とし「PTSCも顧客の技術規模に見合った人材を備えながら、最高サービスを提供する計画だ」と語ったという。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない