セミコン・コリア中止発表。新型肺炎受け

半導体

セミコン・コリア中止発表。新型肺炎受け

中国の新型肺炎(新型コロナウイルス)の影響で、半導体専門展示会であるセミコン・コリア(SEMICON KOREA)が中止されることになった。

セミコン・コリア主催者である韓国SEMIは31日、「2月5日から7日まで開かれる予定だったセミコン・コリア2020のイベントを開催しないことを決定しました」と明らかにした。

主催側は「世界保健機関(WHO)が1月30日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症について「国際的な公衆衛生の緊急事態(PHEIC)」と宣言した」とし「このため、セミコン・コリア2020を開催しないことだった」と説明した。また、今後の計画については、決定次第知らせる伝えた。

セミコン・コリアは、半導体装置や部品関連の専門展示会だ。

韓国メディア・ジイレックによると、展示開催を控え、複数の企業が主催者側に、展示ブース参加費の払い戻しがなくても参加をしない意思を明らかにしたという。サムスン電子半導体事業部など国内の大手企業は、外部のイベントに参加しないよう社員に勧告している。

セミコン・コリアには日本企業を含む海外の出展社も多く名を連ねていた。

3月に中国上海で開催される予定のセミコン・チャイナの開催中止可能性についてはまだ何も発表されていない。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない