SKイノベーションが昨年実績を発表。市場予想下回る

EV電池 企業

SKイノベーションが昨年実績を発表。市場予想下回る

SKイノベーションが、昨年第4四半期および通年の実績を発表した。石油化学事業の不振のなか、バッテリー事業でも赤字が増え、市場の期待を下回る実績を記録した。

31日、SKイノベーションは、昨年の年間売上高が49兆8765億ウォン(約4.5兆円)、営業利益は1兆2693億ウォン(約1152憶円)を記録したと発表した。前年同期比の売上高は8%、営業利益は39.6%減少した。第4四半期の売上高は11兆7885億ウォン(約1.1兆円)、営業利益は1225億ウォン(約111憶円)を記録した。同期間に売上高は15%減少したが、営業利益は黒字転換に成功した。ただし、第4四半期および年間の営業利益は市場予想値に及ばなかった。証券会社などの平均予想値(営業利益)は第4四半期が2000億ウォン(約182憶円)台、年間が1兆7000億ウォン(約1544憶円)台だった。

ただし、石油化学の市況が低迷し、石油開発事業工具の損傷に伴う2888億ウォン(約262憶円)の営業外損失が発生したことを考慮すると、健闘したという評価も韓国紙などでは出ている。

SKイノベーションは、昨年第4四半期の石油事業において売上高が8兆4631億ウォン(約7684憶円)、営業利益は1114億ウォン(約101憶円)を記録した。ディーゼル、燃料油クラック(Crack)が下落するなど、精製マージンは低かったが、原油価格が上がり、在庫評価利益が増え、前四半期より営業利益が455億ウォン(約41憶円)に増えた。 SKイノベーションは、今年世界景気が回復し、国際海事機関が船舶で使用する燃料の硫黄含有量を規制する「IMO2020」を施行するためディーゼルの需要が増え、収益性が改善すると期待している。

化学事業は第4四半期の売上高が2兆1632億ウォン(約1964憶円)、営業利益73億ウォン(約7憶円)を記録した。営業利益は、前四半期より1863億ウォン(約169憶円)減少した。世界的な景気低迷による需要縮小によりオレフィン(Olefins)、芳香族製品のスプレッドが低くなり、新規設備稼働に伴う供給の増加のためであるという。潤滑油事業は第4四半期の売上高が6998億ウォン(約635憶円)、営業利益は869億ウォン(約79憶円)を記録した。前四半期899億ウォン(約82憶円)と同様の水準である。石油開発事業は、昨年第4四半期1652億ウォン(約150憶円)の売上高と412億ウォン(約37憶円)の営業利益を記録した。営業利益は、ペルーの88、56鉱区で運用コストが増え、前四半期より73億ウォン(約7憶円)減少した。

バッテリー事業は第4四半期配達のためのサンプル費用と研究・開発(R&D)費の増加により、営業利益で1124億ウォン(約102憶円)の赤字を出した。在庫評価損失が増え、前四半期より697億ウォン(約63憶円)の赤字幅拡大であった。素材事業は営業利益234億ウォン(約21憶円)を記録した。定期保守に伴う費用などで前四半期より20億ウォン(約1.8憶円)減少した。リチウムイオン電池分離膜(LiBS)生産設備への投資は、積極的に継続するという。昨年第4四半期に曽坪(チュンピョン)工場の2つの新規ラインが量産に入り、生産能力は年間3.6億㎡から5.3億㎡に増加した。今年第3四半期には、中国で3.4億m2規模の新規生産設備が量産に入る見込みだ。これによる生産能力は8.7億㎡規模と大幅に増え売上と収益が改善される見通しだという。

SKイノベーションは、株主価値の向上のために配当と自社株を買い入れると明らかにした。週1400ウォン(約127円)の期末配当を実施する。中間配当を含めると、年間配当は、合計3000ウォン(約270円)だ。 5月初めまでに約5785億ウォン(約525憶円)をかけて発行株式の5%を取得するという。

キム・ジュンSKイノベーション総括社長は「最悪の経営環境の中でもディープ・チェンジを強力に実践し、会社の事業構造、財務構造などの体質は強まっている」とし「今年は強くなった体質をもとに困難を克服する」と述べた。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない