リチウムイオン電池の特許出願、中国が韓国を追い越す見通し

EV電池 ディスプレイ 半導体 研究開発 通商・特許

リチウムイオン電池の特許出願、中国が韓国を追い越す見通し

最近、中国において、電気自動車、スマートフォン、エネルギー貯蔵装置(ESS)などに広く活用されるリチウムイオン電池分野の特許出願が急増しているが、韓国は最近5年間で減少傾向を続けていることが分かった。韓国特許庁は、このような傾向が継続する場合、今年の半ばに、中国のリチウムイオン電池の特許出願量が韓国を追い越すと予想した。

韓国毎日経済新聞によると、一般的に、特許の出願量を追い越されると、数年の後には、産業の市場シェアも逆転されると警鐘を鳴らす。

同紙が入手した「特許ビッグデータ基盤産業革新戦略報告書」によると、これまで韓国の年間リチウムイオン電池の特許出願量は、日本に次いで世界2位だった。しかし、最近、中国に追い上げにより、今年の半ばから来年初めには、中国が韓国を上回る見通しだという。

リチウムイオン電池を超える次世代電池分野の特許の確保も不十分と評価された。韓国の次世代電池の特許シェアは16.4%で、日本(35.4%)はもちろん、中国(23.9%)よりも低い。特許の質的水準を示して被引用度は、日本が韓国の3.8倍に達したという。

バク・ウォンジュ特許庁長は、「今回の分析では、韓国が先行していたリチウムイオン電池分野の出願数は年半ばに中国に追い越されるという結果は示唆するところが大きい」とし、「実際の市場でも中国が早期に技術力の面で韓国を圧倒する可能性を示すだけに先制的な対応が急がれる」と述べた。また、「全固体電池 (Solid-state battery)、リチウム金属電池などが次世代電池分野において有望な技術であるという結果が出た」とし「これを通じて、中国の追撃を克服しなければならない」と強調した。

韓国は過去、世界最大の液晶表示装置(LCD)パネル生産であったが、2011年に中国がLCD分野の特許出願量で韓国を追い越した6年後の2017年には中国に1位の座を奪われた。 2018年には、中国が世界LCD TV市場でもシェアを31.9%に引き上げ韓国(30.6%)を超えた。

有機発光ダイオード(OLED)と量子ドットディスプレイ分野の年間特許出願量もすでにそれぞれ2017年と2016年に中国に制された。次世代ディスプレイのマイクロ発光ダイオード(Micro LED)も、米国と中国が全体の特許出願の51.9%を占めており、韓国は14.4%にとどまっている。

同報告書の分析対象に含まれた5つの産業分野のうち、韓国の特許競争力が最も高い分野はシステム半導体となったという。

特に人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)分野の半導体は、海外出願比率がそれぞれ34.3%、49.9%となり、主要国の平均(AI 18.6%、IoT 41.2%)よりも高かったという。ただし、世界的に急増している自動車の半導体分野では、特許の質的水準が非常に不十分であることが分かったとのこと。

今回の報告書は、次世代電池・水素産業・ディスプレイ・システム半導体・バイオヘルスなどの5大国家有望産業分野別に1999〜2019年、韓国、米国、中国、日本、ヨーロッパなどで出願された主要国公開特許82万1865件を分析したものであるという。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない