韓国ラムテク社が高純度エッチング液の工場建設

ディスプレイ 企業 半導体 研究開発

韓国ラムテク社が高純度エッチング液の工場建設

韓国企業のラムテクノロジーは、半導体、化学素材製品の国産化のために300億ウォン(約28億円)を投資し工場を建設すると6日、明らかにした。

同社は、同国の国家産業団地に約7200坪の敷地を確保し、新工場設立を急ぐという。新工場は、政府が発表した素材・部品・設備のファーストトラック政策支援と連携し、今年着工を始め、2021年の早期稼動を目指すとのこと。敷地投資と建設コストは昨年、有償増資を通じて用意された資金を投入するという。

キム・ジュンボン同社代表は「今回の新工場建設は、日韓貿易紛争による半導体化学素材国産製品の需要増加に積極的に対応し、国策課題の研究・開発を通じて、100%国産化技術を通じた最高品質の高純度エッチング液などを生産することが目的」と述べた。

同社は、今回の新工場1期建設により年間生産能力が従来比5〜6倍に増えることを期待している。これにより供給先多元化を実現するという戦略だ。

2001年に設立されたラムテクノロジーは、半導体製造工程の核心材料であるエッチング液、剥離液、洗浄液などの半導体産業における核心有・無機ケミカルを製造するメーカーであり、LCD、OLED、2次電池、太陽電池などのIT関連産業の全分野に拡大している。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない