シャオミの新モデルも1億画素、価格はサムスンの約半額

スマホ

シャオミの新モデルも1億画素、価格はサムスンの約半額

シャオミが1億画素のカメラレンズなどを搭載したフラッグシップモデル「Mi10」シリーズを発売した。

同社の雷軍CEOは13日、オンラインイベントを通じて、同シリーズ2種を公開し、「シャオミの10年を集大成した力作」と紹介した。

5G単独モデルであるMi10シリーズで最も注目を集めるのはカメラだ。イベントの発表に先立ち、レイCEOは「ギャラクシーS20の最上位モデルが1億画素のカメラを搭載したが、Mi10は全シリーズが1億画素のカメラを付けた」とSNSで強調していた。

実際に、Mi10シリーズには1億800万画素のメイン広角カメラが搭載される。サムスン電子が前日発表したギャラクシーS20シリーズのプレミアムモデル「ギャラクシーS20ウルトラ」と同じ性能である。ギャラクシーS20のように8K動画撮影にも対応する。

雷軍CEOは、イベントに先立ち、「ギャラクシーS20」シリーズが高価な理由として「LPDDR5 + UFS3.0」DRAMとNAND型フラッシュの組み合わせのためであると評価していた。Mi10もLPDDR5を採用したが、同ProはギャラクシーS20ウルトラに比べ約半額となっている。

同製品には90Hz(ヘルツ)のリフレッシュレートをサポートする6.67インチ「フルHD+アモレッド(AMOLED)パネル」が適用。5G(第5世代通信)と人工知能(AI)に最適化されチップセットであるスナップドラゴン865プロセッサと最大16GBの容量の「LPDDR5」DRAM、50Wの高速充電に対応した4500mAhバッテリーが搭載される。30Wの無線充電・10W駅無線充電も可能である。

スマートフォンの後発走者であるシャオミだが、インド市場ではサムスンを抑えシェア1位を占めている。

 
 
 
(以上)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない