LGディスプレイが車載P-OLEDで「目に優しい」と認証受ける

ディスプレイ 企業 研究開発

LGディスプレイが車載P-OLEDで「目に優しい」と認証受ける

LGディスプレイは自社の車載P-OLED(プラスチックOLED)パネルが、「目に優しいディスプレイ」として認証されたと発表した。

LGディスプレイは、グローバル技術評価機関である「TUVラインランド」(TUV Rheinland)から、車載P-OLEDパネルの「アイコンフォートディスプレイ(Eye Comfort Display)」の認証を取得したと17日、明らかにした。

P-OLEDは、ガラスの代わりにプラスチック材料を基板にし、OLEDの優れた画質を維持しながら、運転者の視界に合わせてホイールできるなど、デザインの自由度が高いパネルである。

カーパネルが「目に優しいディスプレイ」の認証を受けたのは、業界初であるという。

最近、アナログ計器などの車内の情報表示装置がデジタル表示に置き換えられていく傾向のなか、強い日差しの下や夜間運行時においても快適な運転を支援し、また、完成車メーカーによって要求される様々な画質要件にも対応するためであるとのこと。

認証テストは▲光反射▲ブルーライト排出量▲画質の三つの項目で行われた。

日光などの外部光が反射してグレアを誘発する「光反射」のテストでは、最大0.22%の反射率を記録し、基準値である1%に比べ70%以上減らしたという。

夜間運行など、目の疲労を誘発するブルーライト放出量は約23%で、基準値である50%を下回った。これは車載LCDのブルーライト排出比で約3分の1水準だ。

画質テスト部門でも、色再現率、コントラスト比、明るさなどすべての分野で基準値を満たしたという。

LGディスプレイのオート事業担当であるシン・ジョンシク専務は「今回の認証取得は、P-OLEDが最適の車のディスプレイであることを国際的に認められたこと」とし、「P-OLEDによってカーディスプレイ大手の地位を強固にしたい」と述べた。

ホルガー・クンジュTUVラインランド製品認証事業部門会長は「LGディスプレイのP-OLEDが車載ディスプレイとして新たなトレンドをリードしていくことを期待する」と述べた。

一方、LGディスプレイは、欧米事業所では今年の初めから車載P-OLEDの量産を開始した。

グローバル市場調査機関であるIHSマークィットによると、車両用OLEDパネル出荷量は、今年11万台から2026年に460万台に、年平均80%以上の急激成長すると見通している。

(写真:LGディスプレイ提供)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない