サムスン、超薄型強化ガラス「SAMSUNG UTG」を商用化発表

スマホ ディスプレイ 企業

サムスン、超薄型強化ガラス「SAMSUNG UTG」を商用化発表

サムスンディスプレイはフォルダブルフォン(折り畳み式スマホ)のカバーウィンドウ材料として採用した超薄型強化ガラスを使用した「UTG」(Ultra Thin Glass)を業界で初めて商用化したと、19日に明らかにした。

同UTGは、サムスン電子が最近公開した「ギャラクシーZフリップ(GALAXY Z Flip)」に初めて適用された。

サムスンディスプレイによると同UTGは、30マイクロメートル(㎛)レベルに薄く加工されたガラスの柔軟性と耐久性を向上させる強化工程を経て完成させたという。同過程で、薄型ガラスに特殊物質を注入し、均一な剛性を確保することが重要であったと付け加えた。

サムスンディスプレイはUTG商用化のために、2013年から国内素材メーカーと協力してきたと説明した。

サムスンディスプレイは、今回新たに開発したウィンドウを「SAMSUNG UTG」というブランド名で、米国、欧州連合、中国など世界38カ国での商標出願したという。既存のポリイミド素材カバーウィンドウも商標出願を準備中であるとのこと。

「SAMSUNG UTG」は、ガラス本来の固体特性、滑らかな肌触り、表面均一性を維持すると同時に、折り曲げることができる柔軟性を加えたとサムスンディスプレイは説明した。このような特性を「強いが、柔軟な」(Tough、yet Tender)というブランドのロゴに込めた。

「SAMSUNG UTG」は、フランスの技術認証会社であるビューローベリタス(BUREAU VERITAS)から耐久性の検証を受けたという。 20万回のフォールディングテスト(開け閉めテスト)においても問題がないとの認証を受けた。

「SAMSUNG UTG」は、今後、顧客の需要に応じて様々なフォルダブル機器に入る予定であるとのこと。

サムスンディスプレイのチェ・スンホ中小型事業部マーケティングチーム長は、「既存のポリイミド材料と共に、柔軟なガラス素材である「SAMSUNG UTG」カバーウィンドウを量産することにより、フォルダブルディスプレイにおける顧客の多様なニーズを満足させ、選択の幅を広げた」と述べた。

ギャラクシーZフリップに採用されたUTGに関しては、独ショット社からマザーガラスを仕入れ、韓国セギョンハイテク社が加工すると報じられている。

(参考記事:「ギャラクシーZフリップ特殊保護フィルム、セギョン社が単独供給」)

(参考記事:「ドイツのショット社、ギャラクシーZフリップのガラス独占供給か」)

一方で、韓国メディア・イートゥデイ紙は、「日本が昨年7月から輸出規制していたフォルダブルディスプレイの核心素材であるフッ化ポリイミドを完全に除外できるガラスウィンドウベースのフォルダブルディスプレイが、私たちの技術で商品化された」という見方を示した。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない