サムスンの世界TV市場シェア30%突破、QLED好調

ディスプレイ 企業

サムスンの世界TV市場シェア30%突破、QLED好調

昨年500万台を超えるQLED(量子発光ダイオード)TVを売り上げたサムスン電子が、世界のテレビ市場で14年連続1位を守り、市場シェアも初めて30%を超えた。韓国各紙が報じた。

19日、市場調査機関IHSマークィットによると、昨年のテレビの世界市場シェア(売上額基準)において、サムスン電子が30.9%を占め1位を記録した。同社がシェア30%を超えたのは今回が初めてだ。

サムスン電子のシェアは2017年=26.5%、2018年=29%と上昇していた。一方、LG電子は2018年(16.4%)とほぼ同じ16.3%のシェアとなり2位を記録した。サムスン電子とLG電子のシェアを合わせると47.2%となり、全世界のテレビ市場の半分に迫る。日本のソニーは9.4%で3位となり、2018年に比べ0.7%ポイント下落した。中国のハイセンスとTCLがそれぞれ6.4%となりトップ5に入った。

サムスン電子は数量基準においても1位を記録した。昨年、販売量基準でのサムスン電子のシェアは19.8%で1位を維持し、LG電子が12.2%と続いた。その他は、TCL(9.2%)、ハイセンス(7.8%)、シャオミ(5.8%)など中国企業が順位を占めた。

テレビ市場においてサムスン電子の実績が維持されたのは、主力製品であるQLEDテレビの販売好調によるものだ。サムスン電子は昨年、532万2000台のQLEDテレビを販売したが、これは2018年の販売台数(259万9000台)に比べ実に104.8%増の数値だ。これにより、サムスン電子の昨年全体のテレビ販売台数の中でQLEDテレビが占める割合も、2018年の6.3%から昨年12.2%に跳ね上がった。

サムスン電子は昨年、プレミアムテレビの基準となる2500ドル(約28万円)以上のテレビ市場において、売上額基準でのシェアを52.4%とし、市場2位のソニー(24.7%)を突き離した。サムスン電子はこれと同時に、75インチ以上の超大型テレビ市場においもて売上基準49.6%のシェアを達成し影響力を強固にした。

昨年はサムスン電子のQLEDテレビだけでなく、LG電子のOLED(有機発光ダイオード) テレビの販売台数も増えた。昨年、世界のテレビ市場で販売されたQLEDテレビの総販売台数は597万台で前年(251万台)に比べ19.5%増加した。OLEDテレビは昨年四半期に110万9000台が販売され、発売以降初めて四半期販売台数が100万台を超えた。テレビ用OLEDパネルを独占生産するLGディスプレイが今年、広州工場の稼働を本格化できればOLEDテレビの販売台数も大きく増加する見通しだ。ただ、LGディスプレイは中国広州にあるOLED工場の量産化をいまだ実現できずいるとされる。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない