LG化学、米ルシードモーターズに次世代円筒型電池供給

EV電池 企業

LG化学、米ルシードモーターズに次世代円筒型電池供給

LG化学は、米ルシードモーターズ(Lucid Motors)の電気自動車「ルシードエア」標準型モデルに今年下半期から2023年まで21700型円筒型電池を独占供給すると25日明らかにした。

ルシードモーターズは2018年にサウジアラビア国府ファンドから10億ドル(約1兆1500億ウォン、約1376億円) の投資を誘致し、世界的に注目を受けている新生電気自動車メーカーであり、今年下半期に初の量産車両である「ルシードエア」を発売する予定だ。

ルシードエアは停止状態から時速100kmまで2.5秒かかり、完全に充電した後は643kmを走ることができる。

LG化学はまず、ルシードエアの標準型モデルに円筒型バッテリーを独占供給する契約を締結し、今後スペシャルモデルについてもバッテリー供給を協議中だという。

LG化学がルシードモーターズに供給する21700型円筒型電池は、直径21mm、高さ70mmの外観を備えた製品だ。 従来の円筒型18650型バッテリー(直径18mm、高さ65mm)比で容量が50%程大きく、性能も向上したとLG化学は説明した。

21700の商用化により、従来の18650に比べ、より少ない数のバッテリーを連結し必要な容量のバッテリーを作ることができるようになった。 電気自動車に入る円筒形電池の数が減れば、各電池の電流を管理する負担が減り、安全性が高くなる。

LG化学は1998年に国内初となる円筒型バッテリーの商業化および大量生産体制を構築し、2001年には世界で初めてノートパソコン用の大容量2200mAhバッテリーを発売した。 このような長期間のノウハウと量産経験を通じて最高仕様の円筒型「21700」バッテリー開発及び大量生産体制の構築に成功し、ルシードモーターズの選択を受けたと説明した。

キム・ジョンヒョンLG化学電池事業本部長社長は「ルシードモーターズに円筒型バッテリーを供給することとなり、従来のパウチ型バッテリーと共に、電気車バッテリー事業のポートフォリオを強化することになった」とし「急速に成長している電気自動車の円筒型バッテリー市場も積極的に攻略して今後電気自動車電池分野で確固たるグローバル1位を達成するだろう」と話した。

ルシードモーターズのピーター•ローリンソンCEOは「LG化学との協業はルシードモーターズが電気自動車を効率的に生産するための最高の計画」とし「これにより、顧客に最高の電気車性能を保障できるようになった」と説明した。

LG化学は今回のルシードモーターズへの円筒形電池の供給確定により、パウチ型に加え、円筒形電池の電気自動車市場攻略に拍車をかけている。 LG化学はかつて円筒型バッテリーを搭載した電気自動車の可能性にも注目し2018年に「NCM811」円筒型バッテリーを電気バスに供給するなど、高性能円筒型バッテリー開発の先頭に立ってきた。 ルシードモーターズにも「NCM811」技術が適用された円筒型バッテリーを供給することになる。

「NCM811」とは、バッテリーの中核原材料である正極材の成分がニッケル80%、コバルト10%、マンガン10%で構成されたバッテリーだ。 正極材内でニッケル含量を高めれば、バッテリーのエネルギー密度を極大化することができる。 しかし、ニッケル成分自体の熱が高く、発熱などの安全性問題が発生する可能性があり、高度の技術力を裏付けなければならない。

LG化学は、3日に開かれた2019年の業績発表でも「円筒型バッテリーを活用した電気自動車とLEV(電気自転車や電気スクーター)の成長傾向が大きい」とし、「これからも電気自動車とLEV市場に焦点を合わせて新規投資に集中する」と明らかにし、円筒型バッテリー市場への攻略に拍車の意志を表明した。

LG化学は、ルシードモーターズとの供給契約を基点に、大型パウチと小型円筒型バッテリーに二分された電気自動車市場において、全ての事業ポートフォリオを確保することになった。

従来の大型パウチバッテリーの分野では、グローバル自動車メーカー上位20社のうち、フォルクスワーゲン、ルノー、ボルボ、GM、現代(ヒョンデ)など13のブランドにバッテリーを供給してきており、最近GMとの大規模な電気車バッテリーの合弁法人設立を発表するなど、すでに150兆ウォン(約14兆円)の大規模な受注残高を確保した。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない