新型コロナウイルス、好調だった半導体産業に打撃

半導体

新型コロナウイルス、好調だった半導体産業に打撃

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態が半導体市場に陰りをもたらしている。

市場調査会社のDRAMエクスチェンジによると、上昇していた半導体の価格指数を24日午後11時現在、パソコン用Dラム(DDR4 8Gb)の現物価格は3.31ドルとなった。前週比2.8%下落した数値だ。

年明けから値上がりしていたDRAM価格は今月の初め、3.5ドルを突破したが、安定的に推移した後、再び下落傾向に転じた。メモリ半導体価格の変動を示してDXI指数も下落傾向にある。イ・スンウ ユジン投資証券研究員はコロナ19の影響でIT製品の需要が減少しており、現物市場での取引の低迷も続いたと明らかにした。

半導体輸出の見通しも不透明さを増している。韓国関税庁によると、2月1〜20日、韓国の半導体輸出暫定値は、前年の同じ期間より15.4%増加した。2018年12月マイナス成長(-8.4%)を記録して以来14カ月ぶりにプラスに転じた。しかし、こ昨年2月の半導体の輸出は前年中の最低値である68億ドルであった。一方、昨年3月の半導体輸出は前年中の最高値である90億ドルであった。コロナ19による半導体需要の不振が続けば、来月の半導体輸出増加率が再びマイナスに転換する可能性が大きい。

キム・ギョンミン ハナ金融投資研究員は「三月の半導体輸出の見通しは下方修正すべきだ」「フロント産業の需要が現在の水準から大幅に増加しない限り、マイナスのベース効果が見込まれる。」と予想した。

韓国の中央日報は24日、問題は中国の状況であると分析する。現在、中国内のサムスン電子の蘇州・西安、SKハイニックスの無錫市・重慶工場は正常稼働中である。しかし、コロナ19事態が長期化すれば、現地で調達していた部品・素材の供給に支障をきたすことになると警鐘を鳴らした。

また、日本の輸出管理強化(輸出規制)に対応して、中国のいくつかのフッ化水素を輸入している韓国の半導体工場にも影響が出てる可能性があるとした。生産の混乱より心配なのは、中国の半導体需要の減少であると指摘。

市場調査会社であるIDCによると、中国の主要産業のコロナ19による衝撃が大きい分野は、スマートフォン・PC・タブレット・サーバーなどである。すべて半導体が多く使われる項目である。市場調査会社の米カウンターポイント・リサーチ社も、今年第一四半期の中国のスマートフォン市場が前年同期比で20%減少するだろうと予測した。

中国への依存度が高い韓国経済にとって致命的な打撃だ。産業通商資源部によると、昨年韓国の輸出全体の半導体が占める割合は17.2%であった。また、半導体輸出の67.3%を中国が占めた。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない